気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

松江八幡宮(黒石神社)、宇部商グランド

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

2007年1月1日、2年ぶりに厚南にある松江八幡宮(黒石神社)に行ってみた。ここは、毎年宇部商ナインが冬場のトレーニングに励んでいる場所であり、元日には毎年必勝祈願に参っている。2年前は雪が降り、あまり人出がなかったが、今年は天気も良く、沢山の人出で賑わっていた。恒例の宇部商野球部が奉納した絵馬には、「春夏甲子園出場」という願い事が書かれていた。宇部商に立ち寄り、誰もいないグランドに久しぶりに立ってみた。センバツ出場の朗報とともに、報道陣が毎日のように押しかけてきた2年前の事を思い出した。今年も朗報が聞けることを楽しみにしている。

宇部日報 宇部商特集

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

2007年1月1日、宇部日報の元日版に宇部商野球部の特集があり、次のような記事が載っていた。
『新年の飛躍を誓う1月、充実した1年を目指し、誰もが気持ちを新たにする中、宇部商野球部の選手たちが今年に懸ける思いはいつも以上に強い。昨年の10、11月に下関球場を主会場に行われた中国大会でベスト4入り、春のセンバツ甲子園へ夢をつないだからだ。昨年10月の県体で2年ぶり11回目の優勝を飾り、県1位校として臨んだ中国大会。…準決勝では、優勝した広陵(広島)に敗れたものの、2-4と好ゲームを展開。4強に入り、センバツへの可能性を残した。それだけに、選手たちのモチベーションは高く、表情にはやる気がみなぎる。体力向上を目的とした冬場の激しいメニューにも音を上げず、黙々と練習に没頭。「春の便り」が届くことを祈り、トレーニングに励んでいる。中富力監督は、「打撃、守備、走塁とバランスの取れたチーム作りをしてきた。その中でいえば、選手の大部分が走れるので、機動力を使って得点できるのが強み」とチームの特徴を説明。市民の期待が高まるセンバツについては「どうなるか分からない。ただ、準備だけはしておこうと、選手と一丸になって頑張っている」と話す。宇部商は4月で開校80周年の節目。今年は中富監督の新体制となって本格的に歩みだす年でもある。新生宇部商をアピールするためにも、選手たちは吉報が届くことを願い、たゆまぬ努力を続けている。』

内・外部工事進捗状況

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

12月30日、今年最後の工事。外部は1階外壁(下地:無塗装サイディング、仕上げ:杉化粧板、自然塗料バトン2回塗り)の塗装、内部は電気配線工事を行った。システムバスも据付が完了し、木工事は壁下地を組んでいる。内外部とも順調に工事が進んでいる。
ギャラリー
  • 孫の誕生日
  • 孫の誕生日
  • 孫の誕生日
  • 孫の誕生日
  • 孫の誕生日
  • 孫の誕生日
  • 孫の誕生日
  • 孫の誕生日
  • みくにアダルトエデュケーションクラス 聖文研究コース スタート
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック