気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

宇部商高野球部玉国監督が正式に退任

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 甲子園を目指して、山口県で熱戦が繰り広げられている中、玉国監督が正式に退任された。昨年、甲子園から帰った後、殆どグランドに顔を見せられなかったので、去就が注目されていたが、昨日の宇部日報に、以下のような記事が掲載された。実質、息子達のチームが玉国監督にとって最後ということになった。すでに、中富監督の下で新チームがスタートしているので、新生宇部商に期待したい。

 「宇部商高野球部の玉国光男監督(58)が、今夏限りで退任する。「昨夏の甲子園でベスト4に入り、自分の中で一息付き、花道ができたと思った。まだ体力はあるが、後進に道を譲ろうと決めた」と理由を説明した。今後は、第一線は引くが、総監督として引き続き、チームに携わっていく。新しい監督には、同校の中富力教諭(41)が就任し、八月から新体制がスタートする。
 玉国監督は一九四八年四月三日宇部市生まれ。恩田小、常盤中から宇部商に入り、同校初の甲子園出場となった六六年の春のセンバツでは、主将、二塁手としてベスト4入り。西鉄ライオンズからドラフト指名を受けたが、同校卒業後は社会人野球の鐘淵化学へ。同社を退社し、宇部に戻った後、OB会の依頼を受け、七五年に監督に就いた。
 七六年夏に、監督として甲子園初出場を果たすと、これまで春五回、夏十一回の計十六回、チームを甲子園に導き、全国で名の通る強豪校に育て上げた。八五年夏には準優勝、二〇〇五年夏にベスト4、八三年夏、八八年春、同夏には、ベスト8に入るなど、好成績を収め、甲子園での通算成績は24勝16敗。西武ライオンズの上本達之選手、オリックスバファローズの嶋村一輝選手ら、多くのプロ野球選手も育てた。」(宇部日報2006/7/27)

国民文化祭PRキャンペーンイベント

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 7月26日、国民文化祭まであと100日となり、キャンペーンイベントが山口宇部空港で行われ、「草の実」も参加した。以下は宇部日報の記事。

 第二十一回国民文化祭・やまぐち二〇〇六の開幕まで百日となった二十六日、県と宇部市の実行委員会は、空の玄関口・山口宇部空港でPRキャンペーンイベントを行った。二井関成知事らが広告幕を除幕し、ボランティアや「きららバンド」と共に搭乗客らにガイドブックなどを配布。宇部三曲連盟の邦楽演奏、草の実少年少女合唱団の合唱、慶進中・高バトン部の演技も披露され、国文祭の成功を願って百日前イベントを盛り上げた。
 国民文化祭は十一月三日から十二日までの十日間、県内十六市町を会場に開かれる。宇部市では邦楽、書、随筆、彫刻展が行われ、山陽小野田市では創造・現代ガラス展、ジャズダンスフェスティバル、少年少女合唱祭がある。

宇部勢準々決勝で敗退

 7月26日、ベスト8に残っていた宇部高専、宇部工業は準々決勝でそれぞれ南陽工業、多々良学園と対戦。宇部高専は、エース水津君がよく投げたものの、南陽工業の仲野君を打ち崩せず、0-4で完敗。27年ぶりのベスト4進出はならなかった。また、宇部工業は多々良学園と互角の試合をしながら、9回追加点を取られ、3-5で惜敗。宇部勢は、2校とも準々決勝で姿を消した。下関球場にはさすがに行けなかったが、テレビの前で観戦、白熱した試合になかなか仕事が手につかなかった。岩国もノーシードの下関工業に敗れ、ここ数年続いていた、宇部商か岩国といった甲子園出場が今年は久しぶりに変わることになった。
ギャラリー
  • ソウルの孫
  • ソウルの孫
  • ソウルの孫
  • ソウルの孫
  • 大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
  • 大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
  • 大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
  • 大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
  • 大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック