気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

2007年10月

山口支部訪問

10月21日、山口支部に出席した。聖餐会は47名の出席があった。8月下旬に始まったエレベーターの設置工事の様子を見るのが目的だったが、予定よりかなり遅れているようだった。屋根や、壁がまだ完成してなく、今年いっぱいはかかりそうな様子だった。

ユタ州訪問記(7)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

10月8日、楽しかったセントジョージでの時間も終わり、彼が教えている大学(ディキシーカレッジ)で5時から講義があるというので、ソルトレークまで往復1000kmを運転するために、朝6時半に家を出た。片道は高速道路を彼に代わって運転した。制限速度120km、ほとんどまっすぐな道を、周りの山々を観ながら、気持ちよく運転することができた。最近、急に寒くなったようで、ソルトレークに近づくと、雪の積もっている山が多かった。マンタイ神殿の方は通らなかったが、プロボを過ぎてから、美しいジョーダンリバー神殿もはっきりと見ることができた。ソルトレークには、11時頃到着。空港の近くのホテルにチェックインし、荷物を預けた後、街に出て、友達と別れた。短い時間ではあったが久しぶりに会え、楽しく過ごすことができた。街で食事をし、買い物をしたあと、夜遅くホテルに帰り、荷造り。殆ど寝てないまま、3時に起床し、4時にチェックアウトし、ホテルの車で空港まで連れて行ってもらった。6時の飛行機でサンフランシスコに向かい、空港でゆっくりと時間を過ごした後、成田、福岡を経由して、次男の迎えで10日22時頃帰宅。9日間に及ぶ旅の行程を全て終了した。
8日、ソルトレークの街でこのような経験をした。トレイル(市街電車)に乗って、ユタ大学に行ってみた。終着駅で写真を撮ろうとした所、持っていたはずのカメラがないことに気がついた。買い物の荷物が多く、どこかで置き忘れたようだった。カメラより約400枚撮った写真の方が残念だった。もう見つからないだろうとあきらめたが、念のため、トレイルに乗った駅まで引き返してみた。1時間以上たっていたが、自分たちの座っていた駅の椅子の上に置いてあった。周りでは何人もの人たちが、話していたが、誰も気にしていないようだった。ユタ州はアメリカで最も治安の良い州だといわれているが、それを実感した経験だった。

地方部神権会

10月20日、地方部神権会が青葉伝道部顧問の管理の下、宇部支部で行われ、出席した。全体集会のあと青少年と分級し、更に年齢別で分級。45歳以上の者たちで、家族の問題、特に夫婦間の問題についていろいろと楽しく話し合った。最近子供たちも大きくなり、ようやく夫婦だけの時間を持てるようになったが、まだまだ忙しい家族が多いようだ。

ユタ州訪問記(6)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

10月7日、セントジョージの友達の自宅で朝食を食べながら総大会をテレビで観た。民放なのでCMも普通に流れていたのには驚いた。ソルトレーク以上に教会員の割合の多い街なので、殆どの人がテレビで総大会を観ているため、人の出入りもなく街全体が静かだった。食事の後、セントジョージの近くにあるザイオン国立公園までドライブした。日曜日とあって、多くの人たちで賑わっていた。駐車場に車を止めた後、無料のシャトルバスで奥深くまで行き、ハイキングコースを散策した。気温は低かったが、天気がよくそれほど着込まなくても良かった。長い年月を掛けて創られた美しい自然の造形美を堪能することができた。
ユタ州南部からアリゾナ北部一帯はグランドサークルと呼ばれるアメリカでは最も国立公園、国立モニュメントが集中した地域で、ユタ州の5つの国立公園であるザイオン、ブライスキャニオン、キャピトルリーフ、キャニオンライズ、アーチーズと、アリゾナ北部のグランドキャニオン、ペトリファイド・フォレスト国立公園がある。グランドサークルはまさにアメリカの大自然の宝庫といわれているが、その中でもユタ州で最も歴史のあるザイオン国立公園は、気軽に行くことのできる国立公園として人気の高い場所であるとのことだった。牧場で食用のバッハローが飼われていたり、野生のリスが散策している人の前に現れて愛嬌を振りまいたりと日本では見られない光景も沢山目にすることができた。心が癒される場所だった。

床下地取付

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

10月19日、土台の組み立てが完了し、土台、大引きを支える鋼製束、桧の根太垂木、断熱材(ポリスチレンフォーム)を取り付けた後、床下地板である杉板(15mm)を打ち付けていった。
ギャラリー
  • 基礎工事着工
  • 基礎工事着工
  • 基礎工事着工
  • 基礎工事着工
  • 基礎工事着工
  • 間柱、窓枠取付工事
  • 間柱、窓枠取付工事
  • 間柱、窓枠取付工事
  • 間柱、窓枠取付工事
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック