気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

2009年01月

宇部支部出席 聖餐会「平和を作り出す者となる」

1月25日 宇部支部出席

  朝から雪が降る寒い日だった。
  久し振りに親子3人で教会に行った。
  雪のため、教会に来れなかった方々があったり
  集会の途中でエアコンが止まったりと
  普段ない、雪や寒さで混乱した1日だった。

  今月の聖餐会の話のテーマは「平和を作り出す者となる」
  今日も3人の方々が話をされた。

  基となっている説教の一つは、大管長会第一顧問
  ヘンリー・B・アイリング管長の「一つに結ばれた心」
  その中で次のように話されていたのが印象的だった。

  『人々の間での衝突が,世界中で増えています。
  そのような分裂と紛争はわたしたちにも影響を与えることがあります。
  ですから今日,大いなる一致の日が近づきつつあるという
  希望のメッセージをお伝えします。
  ・・・・
  幸いなことに,平和を作り出すことにたけた仲裁者も多く,
  彼らは大事に至る前に波風を鎮めてくれます。
  皆さんも,争いの中にあるときや,争いを見かけたときに,
  平和を作り出す人になることができます。

  平和を作り出す方法の一つは,同意できる点を何かしら見つけることです。
  平和を作り出す人,または仲裁者となるには,どんなに相違点が多くても,
  神の子であるわたしたちが正しいと信じる意見の一つ一つには,
  どれにもきっと真実の一端があるのだと心から信じる必要があります。

  一致を取り戻す偉大な仲裁者は,共有できる真実に皆の目を向けさせられる人です。
  共通の真実は常に相違点をしのぎ,より大切なものとなります。
  神に助けを求め,そして行動するなら,自ら共通の土台を見つけられるだけでなく,
  ほかの人もそうできるよう助けることができます。
  神は,平和を回復したいと望む皆さんの祈りにこたえてくださいます。
  そのようなわたしの祈りにも,神はこたえてくださいました。

  同じ原則は,自分とはかけ離れた背景の人々と一致するときにも応用できます。
  神の子には相違点よりも共通点の方が多いのです。
  相違点を絶好の機会ととらえることもできます。
  神の助けがあれば,ほかの人の持つ相違点を,いら立ちの原因ではなく,
  有益なものとして見ることができるでしょう。

  主の助けによって,ほかの人の持つものが自分の欠点を補ってくれると感じ,
  感謝できるようになるのです。
  優しい主の助けにより,相違点を持つ人と交わる機会を得,
  その人の相違点のおかげで必要な助けが得られた
  という経験がわたしには何度もあります。
  これは,よりよく主に仕えるうえで
  自分に足りないものを補うための主の方法なのです。』

  

  
  

基礎パネル取り外し

イメージ 1

イメージ 2

1月24日 基礎パネル取り外し

  基礎立ち上がりのパネルが取り外され
  玄関のポーチ部分や内部の
  コンクリートを打ち、
  ポーチ柱の束石を据え付けられた。

  コンクリ―トが固まると
  建前の基礎工事が完了する。

福岡神殿参入

1月23日 福岡神殿参入

  今月、神殿奉仕に行けなかったので
  娘を福岡空港に送った後
  夕方7時のエンダウメントの儀式を
  受けに夫婦で福岡神殿に行った。

  渋滞の中、15分前に着いた。
  午前の儀式はいつも女性が多いが
  今日は男性が多かった。
  昨年末の奉仕日以来、久々の儀式だった。

  霊的にリフレッシュすることができ、
  9時過ぎに福岡神殿を出発し、
  サービスエリアで食事をして帰ったが
  途中で雪が降り出し、
  小月から中国道は通行止めになっていた。

  娘が無事にハワイへ飛び立ってからの
  雪だったのでタイミングよく
  送り出すことができホッとした。
  
  
  
    
  
  

福岡 田主丸耳納温泉 「みのう山荘 家族湯」

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

1月23日 田主丸耳納温泉 みのう山荘

  娘を福岡空港まで送った後
  田主丸、耳納(みのう)連山の
  鷹取山の中腹にある
  みのう山荘に行ってみた。

  展望風呂といわれる男女別の露天風呂の他、
  5つの家族湯があり、そのうちの1棟だけ
  露天風呂付になっている。

  平日の夕方だったが、駐車場には
  車が何台も、とまっていて
  5室ある家族湯は丁度一杯で
  露天風呂付の部屋にしたので
  15分ほど待つことになった。

  風呂待ちの間、隣接された喫茶室で、
  温泉の地熱を利用した「温泉蒸し玉子」
  を食べたが、結構美味しかった。

  家族湯に入浴するときにドライヤーと
  「氷入りのコップ」、500円を
  受け取るようになっている。

  内湯はコインタイマー式で
  受け取った500円を入れると
  40分間お湯が掛け流しで
  湯船に注がれるようになっている。

  露天風呂は、常時お湯が流れていた。
  「氷入りのコップ」で水やお湯を
  汲んで飲むようになっているらしい。

  内湯のお湯は熱目だったが、
  露天風呂は少し温めだった。
  ここのウリは何と言っても、
  風呂から見る景色である。

  あいにくの曇り空ではあったが
  露天風呂から、広々とした筑後平野を見渡すと、
  山々と白い雲が見え、自然と一体になったような
  大変気持ちの良い時間を過ごすことができた。

  泉質:単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
  時間:10:00~21:00 木曜定休日
  料金:大人700円(中学生以上)
     子供300円
     家族湯 内湯1500円、露天風呂付2500円(1時間)
  効能:神経痛・筋肉痛・関節症・五十肩・運動麻痺
  

  

次女 幸 帰国

イメージ 1

イメージ 2

1月23日 次女 幸 帰国

  マウイ島から帰省していた次女幸が、
  福岡空港14時45分発成田空港経由で
  ハワイに戻っていった。

  ハワイから帰ってきて丁度4週間、
  2週間は主人と一緒だったので、
  一緒にいろいろな所に行ったが
  残りはできるだけ家にいて、
  近くにいる友達と会ったりして、
  比較的のんびりと過ごしていた。

  妻と福岡空港まで送っていった。
  帰るまでは、グリーンカード(米国永住権)
  の取得がなかなかできなかったり、
  燃料の高騰で航空券を買う
  タイミングに四苦八苦したり、
  円高になったりで結構大変だったが、
  日本に帰ってきてからは
  あっという間の4週間だった。

  ゆっくり休みを楽しむことが
  できたようでホッとしている。
  自分達にとっても久しぶりに
  娘と一緒に過ごし、楽しい時間だった。

  
  
  
ギャラリー
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック