気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

2011年03月

バフェット氏は語る

 ●バフェット氏は語る

  内閣府の「企業行動に関するアンケート調査」によると、
  10年度における日本の輸出企業の採算為替レートは
  1ドル86円30銭となっています。
 
  09年度は92円90銭でしたので、1年間で約6円、
  円高への抵抗力が増したことになります。
 
  しかし、今月11日に「東日本大震災」が起こり、一気に円高が進み、
  17日には1ドル76円25銭と史上最高値を更新しましたが、
  これは企業の採算レートを10円も上回る円高です。
 
  翌日、G7各国が緊急の電話会合を行い、
  協調介入を実施することで合意し、円売り介入が実施されて
  円高は一服し、81円前後で推移しています。

  震災直後の円高は、阪神大震災時の連想から、
  保険会社が保険金払いのために海外へ投資していた資金を
  自国に戻すレパトリエーションが原因との説が飛び交いました。
 
  もちろん、一因であるとは思いますが、損保業界は
  個人に支払う地震保険の支払い額は約1兆円と試算しています。
 
  米災害リスク評価会社も最大で1兆2000億円、
  ゴールドマン・サックスも最大で8610億円と、
  損保業界の見通しとほぼ一致しています。
 
  つまり、日々、約5兆ドル(約400兆円)が動く
  為替市場の規模から判断すると、今回の円高は
  レパトリエーションが主因ではないと容易に想像できます。
 
  同様に、国内の機関投資家によるレパトリエーションとの説もありますが、
  そもそも日本の為替市場における取引額は
  外国為替市場全体の僅か6%です。
 
  つまり、主因は為替市場全体の約8割に上る投機筋と予想され、
  日本政府も「投機的」である確率が高いと判断しています。

  今の日本にとって、円高は不安要素です。
 
  しかし、今回の円高が投機筋の思惑による一時的なオーバーシュート、
  単なる行き過ぎならば、不安要素は消えます。
 
  むしろ、協調介入の合意だけに留まらず、日銀が資金供給するなど、
  本来であれば円安する環境となっています。
 
  日本企業の円高への抵抗力が高まっていることを考えると、
  円安という追い風が吹けば、日本経済の回復スピードは
  想定以上のものになることが期待されます。
 
  今月、初来日の予定だったウォーレン・バフェット氏ですが、
  残念ながら震災の影響により中止となりました。
 
  しかし、韓国での式典でこう語っています。
 
  「震災が日本と日本経済の未来を変えることはない。
  自分が日本株を保有していたら売ることはしないだろう。
  むしろ買いの機会だ」と。
 
  (あるる)

常盤公園

3月27日 常盤公園
 
  こんな記事が載っていました。
 
  白鳥お別れの会実行委員会(委員長:伊藤隆司)では、
  高病原性鳥インフルエンザに係る汚染拡大防止のために
  処分の対象となった、常盤湖のハクチョウ類を追悼するため、
  下記のとおり「白鳥お別れの会」を開催されます。

  1.日時:平成23年3月27日(日) 10:00~12:00
  2.場所:常盤公園 ときわ湖水ホール(宇部市大字沖宇部254番地)
  3.内容:無宗教によるお別れ会(献花)
    ※お別れの会へは、平服でのご参加をお願いします。
     献花料はお断りしますので、ご協力のほどよろしくお願いします。
  4.主催:白鳥お別れの会実行委員会
 
  また、こんな記事もありました。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ときわ公園内の“桜”と“モクレン”が開花間近です!!
  暖かい日が続けば、来週初めには開花すると思われます。
  開花をどうぞお楽しみに!
 
  白鳥がいなくなっってから
  しばらく行っていない常盤公園に
  日曜日の午後
  久しぶりに行ってみました。
 
  この日の常盤公園は、
  天気がよかったせいか、
  多くの人で賑わっていました。
 
イメージ 2
 
  サクラは、全然開花しそうな様子では
  ありませんでしたが
  梅が咲いていました。
 
イメージ 3
 
 
  あと少しで、梅も終わりそうです。
 
  サクラの開花と共に
  活気のある、いつもの常盤公園に
  戻ってくれることを願っています。
 
 

 

宇部支部 神権会 「愛はいつまでも絶えることがない」

3月27日 宇部支部 神権会 「愛はいつまでも絶えることがない」
 
  神権会では、モンソン大管長の
    2010年9月25日、中央扶助協会集会での説教、
  「愛はいつまでも絶えることがない」について、学びました。
 
  モンソン大管長は、この説教の中で、次のように話されました。
 
  『まずは,わたしが話したいことをうまく表現している短い話から始めましょう。
  リサとジョンという若い夫婦が新しい土地に引っ越して来ました。
  ある日の朝,朝食を取りながらリサが窓越しに外を見ると,
  隣の家の人が洗濯物を干していました。
  「あの洗濯物,汚れが落ちていないわ」とリサは大声で言いました。
  「隣の人は洗濯の仕方を知らないのね。」
  ジョンも外を見ましたが,何も言いませんでした。
  隣人が洗濯物を干す度に,リサは同じことを言いました。
  数週間後,リサは窓から外を見て驚きました。
  隣の庭に,すっきりときれいな洗濯物が干してあったからです。
  リサは夫に言いました。
  「ジョン,見て。隣の人もやっと,洗濯の仕方が分かったみたいよ。
  でも,どうして分かったのかしら。」
  ジョンは答えました。
  「実は,答えを知っているんだ。驚くかもしれないけど,
  今朝早起きしてぼくがうちの窓をふいたんだよ。」
  今晩は,わたしたちが互いをどう見ているかについて2 ,3 話します。
  掃除をしていない窓を通して人を見てはいないでしょうか。
  すべての事実を知っているわけではないのに人を裁いてはいませんか。
  人を見るとき,どこを見ていますか。どんな判断を下しているでしょうか。
 
  救い主は「人をさばくな」1 と言われました。
  そして,続けてこう言っておられます。
  「なぜ,兄弟の目にあるちりを見ながら,
  自分の目にある梁はりを認めないのか。」
  言い換えると,「なぜ,隣の家の洗濯物が汚いと言いながら,
  自分の家の窓が汚れていることを認めないのか」となります。
  完全な人はいません。
  自分は完璧だと豪語する人には会ったことがありません。
  それなのにどういうわけか,
  人はとかく自分の不完全さを棚に上げて他人の欠点を指摘したがります。
  他人のしていることやしていないことを裁いてしまうのです。
 
  ・・・・・・・・
 
  キリストの純粋な愛である慈愛は,独身ワードの若い姉妹たちが,
  自分たちの扶助協会の会員の母親の葬儀に出席するために
  一緒に何百マイルも移動するときに表れます。
  慈愛は,献身的な訪問教師が,興味を示さず多少批判的な姉妹を
  何年にもわたって毎月訪問する姿の中に示されます。
  夫を亡くした年配の女性が忘れ去られずに
  ワードの行事や扶助協会の活動に連れて来られるとき,
  そこに慈愛があります。
  扶助協会でぽつんと独りでいる姉妹に
  「一緒に座りましょう」と声をかけるときに慈愛が感じられます。
  幾つもの小さな方法で,皆さんのだれもが慈愛を示すことができるのです。
  完璧な人生を送っている人などいません。
  互いを裁かず批判せず,この人生を一緒に旅する人たちに
  キリストの純粋な愛を示そうではありませんか。
  だれでも自分に降りかかる問題に全力で取り組んでいるのです。
  そのことを認めて,助けるためにわたしたちにできる全力を尽くしましょう。
  慈愛は「最も気高く,尊く,しかも強い愛」 と定義されています。
  慈愛は「キリストの純粋な愛であって,……
  終わりの日にこの慈愛を持っていると認められる人は,幸い」 です。
  「愛はいつまでも絶えることがない。」
  長年にわたって引き継がれてきたこの扶助協会のモットーは永遠の真理です。』
 
 

宇部支部出席 日曜学校 新約聖書 12課 「わたしが命のパンである」

3月27日  宇部支部出席 日曜学校 新約聖書 12課 「わたしが命のパンである」
 
  宇部支部に出席しました。
 
  今年新約聖書を学んでいる
  日曜学校では、12課「わたしが命のパンである」
  を学びました。
 
  ヨハネ6:1-14;マルコ6:30-44。
  イエスが5,000人以上の群衆に
  食べ物を与える奇跡を行われた事に関して
  ジェームズ・E・ファウスト長老が述べている
  次の話しが印象的でした。
 
  「多くの無名の人が,5つのパンと2匹の魚に等しい賜物を用いて,
  召しを尊んで大いなるものとし,注目や称賛を受けずに,
  文字どおり数千人を養っています。
 
  ……彼らは,すべての補助組織や神権定員会の無数の指導者や
  教師,ホームティーチャー,扶助協会の訪問教師です。
  また,教会の大勢の謙遜なビショップたちです。
 
  専門的な訓練を受けていない人もいますが,主の祝福によって
  自分の能力以上のことを成し遂げ,常に学んで,
  主やワードの人に仕えたいという謙遜な願いを持っています。
  この教会が,設立当初の小さな状態から
  今日の力を得るまでに発展したのは,
  謙遜で忠実な数百万の人々の忠誠心と献身があったからです。
 
  彼らは自分の5つのパンと小さな2匹の魚を主の業にささげました。
 
  また,自分自身のことはほとんど捨て去り,そうすることによって,
  『人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安』(ピリピ4:7)
  を見いだしたのです。」
  
  (「5つのパンと2匹の魚」『聖徒の道』1994年7月号,4-6参照)
 

結婚祝賀会

3月26日 結婚祝賀会
 
イメージ 1
 
渡壁正明兄弟と山田愛弓姉妹の
結婚式が福岡神殿で行われ、
祝賀会が宇部支部でありました。
 
イメージ 2
 
最近、妻が足を骨折し
自由に歩けないため
神殿での結婚式には参加せず、
妻を手伝って
祝賀会の準備に
専念しました。
 
手作りの祝賀会のため
宇部支部の教会員が
会場を準備していきました。
 
イメージ 3
 
祝賀会は、夕方の5時から
ご両家の親族、友達や
教会員が集まって
始まりました。
 
イメージ 4
 
司会は、二人と
仲の良かった
次男夫婦が受け持っていました。
 
イメージ 5
 
祝賀会が始まり、
乾杯、食事と歓談の後
余興が始まりました。
 
最初に出てきたのは
月野、次男夫婦によるダンス
「てんとう虫のサンバ」
 
イメージ 6
 
藤崎兄妹のダンスも
大受けでした。
 
イメージ 7
 
数時間前に行われた
神殿での結婚式の様子も
放映され、
楽しい時間を過ごすことが
できました。
 
イメージ 8
 
最後に感謝の言葉が
述べられ
2時間近い祝賀会が
無事終了しました。
 
若い人たちが中心となって
準備された会には
愛情がたくさんこもっていました。
 
全員での記念撮影の後
後片付けをして
忙しい1日を終えました。
 
ちなみに、この後
中心となったメンバー達が
我が家に集まり
遅くまで2次会をしていましたが
さすがに若者達には
ついていけず
先に休ませてもらいました。
 
 
 
 
 
 
ギャラリー
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック