気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

2012年03月

整地中

3月28日  整地中
 
イメージ 1
 
ブロック塀まで盛られた土が
ランマーで突かれ
固められています。
 
イメージ 2
 
今まで、入口だったところに
ブロックを積む準備が
始まりました。
 
整地が急ピッチで
進められています。
 
 

長府木材市 定例市

3月28日  長府木材市 定例市
 
イメージ 1
 
3月最後の木材市
長府の定例市に行って来ました。
 
参加者は、10名程度と
今年になって一番少ない人数でした。
 
イメージ 2
皆が集まって見ていたのは
スギ、ヒノキの化粧板。
 
無節の板でしたが
買い手が無く、
全てを数千円で落札しました。
 
イメージ 3
 
一通り、構造材の競りが終わった後
雑木の競りが行われました。
イメージ 4
 
スギやケヤキの短い盤など
いろいろ出ていましたが
これは買い手がありませんでした。
 
イメージ 5
 
珍しかったのは、
この霧島杉の盤木。
 
4枚で数万円と
安くなりましたが、
節も多く使い勝手が良くないのか
これも売れ残りました。
 
イメージ 6
倉庫の中では、
この杉丸太が安くなり
これも買い手がなかったので
1本数千円で
競り落とすことができました。
 
イメージ 7
 
また、このようなチークの
原木が出ていました。
 
さすがに重く、
加工も大変そうだったので
誰も買う者はいませんでした。
 
人数も少なく、
競りも低調で寂しい市でした。
 
イメージ 8
 
春休みで、妻と孫も
一緒に行って、
於福の道の駅に
寄って帰りました。
 
イメージ 9
大好きな温泉に入り
満足な様子の孫でした。
 
 
 
 
 

整地開始

3月26日  整地開始
 
イメージ 2
 
真砂土が搬入され、
整地が始まりました。
イメージ 1
 
下水の掃除口も
土で埋められました。
 
段々と着工までの
準備が整ってきます。
 
 

宇部支部 食事会

3月25日 宇部支部 食事会
 
イメージ 1
 
この日、宇部支部では
日曜日の集会後、
歓送迎を兼ねて
持ち寄りの食事会が開かれました。
 
一緒に出席した孫のひよりも
新しく転入してきた男の子と
仲良く、おとなしくしていました。
 
イメージ 2
 
テーブルには、次々と
準備された食事が運ばれてきました。
 
イメージ 3
 
食事会が始まると
この日出席した教会員が
テーブルの食事をとっていきました。
 
イメージ 4
 
孫も好きなものを取って
お友達と一緒に
食べていました。
 
イメージ 5
 
子供たちだけで
集まって、楽しそうな時間を
過ごしています。
 
イメージ 6
 
食事後には、
お片付けも
しっかりとしていました。
 

「忘れな草」 ディーター・F・ウークトドルフ管長

3月25日  「忘れな草」 ディーター・F・ウークトドルフ管長
 
  教会でのレッスンで
  昨年10月の総大会での話、
  ディーター・F・ウークトドルフ管長の
  「忘れな草」と題した説教について学びました。
 
  以下は、その説教の抜粋です。
 
  「・・・少し前のことですが,わたしは妻と娘とともに美しい庭を歩いていました。
  神が創造されたものの栄光と美しさに目を見張りました。
  ふと,美しく咲き誇る花の中に,とても小さな花があることに気がつきました。
  その花の名前をわたしは知っています。
  子供のころからその花に特別な思いを抱いていたからです。
  その花の名は「忘れな草」です。
  
  この小さな花が長年わたしにとって大切だった理由はよく分かりません。
  すぐに人目を引くこともなく,大きく華やかな花の陰で,
  容易に見落とされてしまいます。
  でも,抜けるような青空と同じ色をしたこの花は,どの花にも負けず美しいのです。   
  わたしがその花が好きな理由はもう一つあります。
  それはこの花の名前の中に,心から離れない「訴え」があるからでしょう。
  ドイツにこんな言い伝えがあります。
  神がすべての植物に名前を付け終えたときに,
  まだ名付けられていない花が一つありました。
 
  「主よ,わたしを忘れないでください」という小さな声が聞こえ,
  神はその訴えをそのままその花の名前にしました。
  今晩は,この小さな花をたとえとして使います。
  小さな忘れな草の5 つの花びらは,決して忘れるべきでない
  5 つの事柄について深く考えるように促してくれます。
 
  第1に,自分に忍耐することを忘れないでください。
  ・・・・・
  第2に,良い犠牲と愚かな犠牲は違うということを忘れないでください。
  ・・・・・
  第3に,今幸せでいることを忘れないでください。
  『チョコレート工場の秘密』という人気の高い童話では,
  チョコレート工場の奇妙な工場長ウィリー・ウォンカが,
  5つのチョコレートに金色のチケットを入れます。
  引き当てた人にはチョコレート工場の見学に加え,
  一生分のチョコレートをプレゼントすると発表します。
  金色のチケットにはこんな言葉が書かれています。
  「この金色のチケットを手にした幸運なあなたには,
  ……すばらしいことが待っています。
  とてつもない驚きと感激が待ち受けています。
  ……不思議なあり得ないことが起こります。
  あなたは喜び,驚き,戸惑うでしょう。」3
  この有名な物語では,世界中の人が金色のチケットを必死で求めます。
  未来の幸せはすべて金色のチケットが手に入るかどうかに
  かかっていると感じる人もいます。
  不安に駆られ,かつてチョコレートを食べて味わった
  単純な喜びを忘れ始めます。
  金色のチケットが入っていないと,チョコレートが失望以外の
  何物でもなくなってしまうのです。
  今日,非常に多くの人が自分の金色のチケットを待っています。
  常に夢見ていた幸せを運んでくれるチケットです。
  ある人にとって金色のチケットは非の打ちどころのない結婚であり,
  別の人にとっては雑誌の表紙を飾るような家であり,
  さらに別の人にとってはストレスや心配からの解放かもしれません。
  義にかなった望みを持つことは決して悪いことではありません。
  わたしたちは「徳高いこと,好ましいこと,あるいは誉れあることや
  称賛に値すること」を望み,求めています。
 
   問題なのは,金色のチケットのような何かが起こるのを待つうちに,
  今の幸せを逃してしまうことです。
 
  第4に,福音の「なぜ」を忘れないでください。
  ・・・・・・
  第5に,主があなたを愛しておられることを忘れないでください。
  ・・・・・・
  姉妹の皆さん,忘れな草の小さな花には,
  何か人を啓発する崇高なものがあります。
  この花が,皆さんの人生を喜びと楽しみで満たしてくれる
  小さな事柄の象徴となるよう願っています。
  自分に対して忍耐と思いやりを持つこと,
  より良い犠牲とそうでない犠牲があること,
  幸せになるために金色のチケットが手に入るのを待つ必要はないことを,
  どうか決して忘れないでください。
 
  イエス・キリストの福音の「なぜ」があなたを啓発し,
  高めてくれることを決して忘れないでください。
  そして,天の御父があなたを御存じで,愛し,
  慈しんでおられることを決して忘れないでください。 ・・・・・・」
 
  
ギャラリー
  • ソウルの孫
  • ソウルの孫
  • ソウルの孫
  • ソウルの孫
  • 大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
  • 大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
  • 大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
  • 大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
  • 大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック