気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

2012年07月

星に願いを

  ●星に願いを

  世間では夏休みの時期でしょうか。
 
  夏の行事と言えば、花火大会・夏祭り・海水浴・お墓参り・
  全国高校野球・キャンプなど様々な事が挙げられます。
 
  今夏、ご家族やお孫様との予定を立てられる方も多いかと存じますが、
  その中でも花火大会は全国398ヵ所で行われており、
  日本を代表する夏の風物詩となっていると思います。
 
  今回は子どもから大人まで幅広い年代で楽しめる花火について調べてみました。

  花火の起源には様々な説がありますが、
  紀元前3世紀の中国で爆竹が使用されたのが起源との説と、
  6世紀頃に中国で火薬が使われるようになるのと
  ほぼ同時に作られたとの説が多いようです。
 
  そして日本では、16世紀の鉄砲伝来以降に
  花火が製造されるようになったとされ、
  宣教師や唐人といった外国人の手による花火の記録が多くあります。
 
  ちなみに、日本で最初に打ち上げられた花火については、
  1589年7月に伊達政宗が観賞したという説もあれば、
  1613年8月に英国人ジョン・セリーヌが徳川家康に花火を見せたのが
  最初であるという説もあります。

  また、花火は火薬と金属の粉末を混ぜて包んだものに火を付け、
  燃焼・破裂時の音や火花の色、形状などを観賞するために作られました。
 
  その中でも、夏の夜空を彩る打ち上げ花火は、
  「玉」と呼ばれる紙製の球体に、
  「星」と呼ばれる火薬の玉を詰めて打ち上げる花火です。
 
  打ち上げ花火は大きく3種類に分けられ、
  「割物」、「ポカ物」、「型物」があります。
 
  「割物」は代表的な打ち上げ花火で、
  破裂した時に「星」が球状に飛散するものです。
 
  「ポカ物」は星が飛散しないもので、ランダムな方向に「星」が飛んでいき、
  「型物」は「割物」の変形で、土星のような形に「星」が飛散するものです。
 
  近年では、いろいろな形の花火が打ち上げられますが、
  「割物」、「ポカ物」、「型物」の違いに
  注意しながら見ることもおもしろいかもしれません。

  夏休みに入り、中国地方でも7月20日~9月1日の間に
  各地で花火大会が行われています。
 
  代表的なものをご紹介致しますと、
  広島では7月28日(土)「広島みなと 夢 花火大会」、
  8月11日(土)「宮島水中花火大会」、
  岡山では8月4日(土)「おかやま桃太郎まつり 第39回納涼花火大会」、
  山口では8月13日(月)「2012 関門海峡花火大会」、
  島根では7月28、29日(土、日)「2012 松江水郷祭湖上花火大会」
  があります。
 
  多くの見物客で賑わうと思いますが、
  夏の夜空に咲き誇る花の数々をどうぞお楽しみ下さい。
 
  (あるる)

ファイトケミカルと夏野菜

 ●ファイトケミカルと夏野菜

  野菜や果物などの植物は様々な害から身を守るため、
  自ら化学物質を作り出すことができます。
 
  この物質を総称して「ファイトケミカル」と言います。
 
  近年、がんや老人性認知障害、生活習慣病など、
  様々な病気が活性酸素と関係があると言われていますが、
  ファイトケミカルはこれに対抗する力、
  すなわち抗酸化作用を持っていることが知られています。
 
  それだけでなく、免疫系制御や解毒酵素誘導など、
  健康に重要な効果をもたらすことも、近年の研究で証明されているのです。

  そもそも、ファイトケミカルとは糖質、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、
  食物繊維に続く「第7の栄養素」と言われ、
  その種類はおよそ1万種類もあるそうです。
 
  主に野菜や果物に含まれており、TVや雑誌などで見かける
  カテキンやイソフラボンなどは「ポリフェノール」に分類される
  ファイトケミカルの1つです。
 
  こうした物質を多く含んだ食物を摂取することで、
  ガン予防やアレルギー対策に大きな効果をもたらすと言われています。
 
  また、ファイトケミカルは安定的な物質が多いので、
  加熱調理でも生のまま食べても栄養価に問題がないというのが大きな特徴です。

  そして、この時期はスーパーなどで夏野菜をよく見かけますが、
  実は夏野菜にもファイトケミカルを含む野菜がたくさんあります。
 
  例えば、トマトやすいかに多く含まれるリコピン、
  カボチャやインゲンに含まれるβカロテンなどは、
  「カロテノイド」に分類されたファイトケミカルです。
 
  カロテノイドには脂溶作用があり、
  脂肪肝等の予防効果があると言われています。
 
  その他にも夏野菜には、血糖値の上昇を抑えてくれるオクラ、
  ガンや高血圧予防に効果のあるピーマン、
  動脈硬化の予防効果があるトウモロコシなど、
  現代の生活習慣病に効果的な野菜が豊富です。
 
  こうした野菜と組み合わせて摂取すれば、
  身近なところから生活習慣病を改善することも可能と言えるのかもしれません。

  もちろん、短期間で劇的な変化は望めませんが、
  継続することでカラダや肌に変化が表れてくることでしょう。
 
  何より、夏野菜にはカラダを冷やす効果も確認されており、
  是非、今年の夏は夏野菜と果物を意識して食べることをお勧めします。
 
  皆様もファイトケミカルで夏バテ知らずのカラダ作りを
  心掛けてみてはいかがでしょうか。
 
  (あるる)

もうすぐ好況

   ●もうすぐ好況

  今月31日、米FOMC政策金利発表があります。
 
  米国金融政策関連のイベントのたびに、QE3が実施されるのか、
  実施はなくても何らかの言及があるのか、
  それとも何も特別なことはなく市場を失望させるのか、
  などなど様々な予測が出されています。

  QE3は、インフレを作りかねないバラマキ政策ですが、
  過去2回の金融緩和はタイミングを見計らい大規模に実施し、
  成果を上げました。
 
  また、11月に選挙を控えるオバマ大統領は、
  再選のために雇用改善、景気浮揚をする必要があります。
 
  それにはQE3は不可欠と考えているかもしれません。
 
  このような環境から、QE3は実施されるか否かではなく、
  どのタイミングで実施されるのかに、焦点が移ってきているように見えます。

  米国にはQE3期待で底堅さが見られますが、
  欧州では期待よりも不安が大きいようです。
 
  そもそもリーマンショック後、
  世界規模の金融緩和によってユーロ圏は好景気でした。
 
  問題はその好景気の質です。
 
  今、問題となっている南欧諸国の負債は、好景気の際、
  ドイツやフランスからの輸入拡大によって積み上げられたものですので、
  独仏が蓄えたお金の出所は南欧諸国と言えます。
 
  その好景気の最中、ギリシャではベンツやBMWなどの
  高級車が数多く売れたそうです。
 
  旧通貨のドラクマでは買えないドイツの高級車、
  ユーロが発足して購買力が上がったものの、まだ高嶺の花でした。
 
  それがリーマンショック後の金融緩和による、
  造られた好景気で高級車に手が届くようになったのです。
 
  これは自動車だけでなく、フランスの高級ブランド品など、
  あらゆるモノに当てはまります。

  南欧諸国は自分たちを相手に儲けた(巻き上げた)お金なのだから、
  独仏に自分たちを救済するよう訴えています。
 
  しかし、独仏の利益は中国やインドなどとの貿易により
  新興国にも流出しています。
 
  その新興国は欧米各国の購買力が低下したため、
  生産設備が過剰となり、在庫を抱えて成長が鈍化しています。
 
  経済はお金が世界中を流れることで回るのですが、
  今は目詰まりを起こした状態です。
 
  QE3、もしくはECBによる金融緩和など、
  何か目詰まりを解消する政策が実施されると、
  一気にお金は流れ、また景気が好転すると思います。
 
  リーマンショック後のNYダウや金価格の足取りを見ていると、
  緩和で好景気を造り上昇、効果が薄れると下落、
  そしてまた緩和して上昇を繰り返しながら、右肩上がりになっています。
 
  今は混沌と表現されることが多いですが、
  見方を変えると分かり易いサイクルに入っているように見えます。
 
  (あるる)

福岡神殿 団体参入

7月28日  福岡神殿 団体参入
 
イメージ 1
 
福岡神殿の
山口地方部団体参入があり、
昨日、我が家に泊まった次男夫婦と
一緒に行ってきました。
 
この日に合わせて
防府の月野希実さんの
結婚式が行われ、
儀式に参列しました。
 
イメージ 2
 
暑い日でしたが、
大勢の人たちが
祝福に訪れ、
式の後、神殿前で
写真を撮っていました。
 
イメージ 3
 
妻と次男夫婦。
 
嫁の体調を考え、
午前中のエンダウメントの儀式を
受けた後、
少し早めに帰りました。
 
 
 

長府木材市 処分市

7月27日  長府木材市 処分市
 
イメージ 1
 
長府木材市の7月前半の
処分市に引き続き
後半も処分市が行われました。
 
イメージ 2
 
30℃を超える暑い日でしたが、
前回は、少なかった業者も
今回は20社近く集まり、
長府としては盛況でした。
 
イメージ 4
 
梅雨時、外に置かれたままだった
材木が思い切った価格で
処分されていきました。
 
イメージ 5
丸太もこれ以上ないという
値段が付けられましたが
買い手はあまりありませんでした。
 
イメージ 6
 
外の材料は、購入予定がなかったので、
安くなっても手を出しませんでしたが、
この貫き板が1山1万円を切る値段まで
下がったので、思い切って購入することにしました。
 
床の下地などに使います。
 
イメージ 7
 
杉の厚い板も
1枚1000円を切る値段に
なったので、2山買うjことにしました。
 
イメージ 8
 
昼前に倉庫の中の
競りが始まりました。
 
イメージ 9
 
数万円の値札がついていた
この花台は、数千円まで下がり、
他の業者が購入しました。
 
イメージ 10
 
羽目板を1山、買いました。
 
普段の半値以下の値段でした。
 
イメージ 11
 
写真の真ん中にある
6寸角(180mm)の柱が
誰も買い手がなかったので
買うことにしました。
 
4方が無節または上小節で
何にでも使えそうだったので、
作業場で更に乾燥させて
使いたいと思います。
 
イメージ 3
 
今回のもっとも大きな買い物は、
この4mの桧のフローリング。
 
上小、無節の板ですが、
節のある板よりも
安く処分されました。
 
出費は嵩みましたが、
欲しかった材料を
殆ど揃えることができ
まずまずの市でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
ギャラリー
  • 水切り取付工事
  • 水切り取付工事
  • 水切り取付工事
  • 水切り取付工事
  • 水切り取付工事
  • 11回目の抗がん剤治療
  • 11回目の抗がん剤治療
  • 11回目の抗がん剤治療
  • 11回目の抗がん剤治療
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック