気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

2013年08月

熊本 産山村 ヒゴタイ公園

産山村 ヒゴタイ公園
 
イメージ 1
 
阿蘇郡産山村にある
ヒゴタイ公園に
親子3人で行ってきました。
 
イメージ 2
 
阿蘇くじゅう国立公園内に
ヒゴタイ公園があります。
 
イメージ 3
 
ヒゴタイは、
日本と大陸が、まだ陸続きだったころの
名残りとして残留した多年生植物。
 
現在は、朝鮮半島中部以南、
九州、愛知県、岐阜県、広島県の
特定地域に分布していて
環境省のレッドデータブックの
絶滅危惧Ⅱ類(VU)に
分類されています。
 
イメージ 4
 
そのヒゴタイの花が
ちょうど見ごろで
公園のあちこちで
咲いていました。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
このヒゴタイ公園では、
ヒゴタイの他にも
いろいろなきれいな花が
咲いていました。
 
天候もよく、
くじゅうの山々を観ながら
公園内の散策を
楽しみました。
 
 

大阿蘇火の山まつり

8月19日  大阿蘇火の山まつり
 
イメージ 1
 
今夏、花火を観に行けなかったので
熊本阿蘇市内牧まで
花火を観に行きました。
 
暗くなって、街に出ると
たくさんの人出で
賑やかでした。
 
イメージ 3
 
特設のステージでは、
いろいろなイベントが行われていました。
 
イメージ 4
 
昨年の災害から
立ち直った阿蘇市の
熱気が伝わってきました。
 
イメージ 5
 
ステージでのイベントが終わると、
いよいよ花火が始まりました。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 2
 
今年の西暦にちなんで
2013発の花火が打ち上げられました。
 
規模は、決して大きくありませんでしたが、
間近で上がる花火は
結構迫力がありました。
 
 
 
 
 

屋根・外壁工事 8.塗装工事

8月22、23日  屋根・外壁工事 8.塗装工事
 
イメージ 1
 
塗装工事が行われました。
 
外壁を吹き付けで塗装した他、
破風板、樋、軒天など
建物すべての塗装を行いました。
 
 
イメージ 2
 
今回使用したのは、
「高耐候フッソ樹脂」です。

屋根もホワイトニング

 ●屋根もホワイトニング

  今年の夏は、全国各地で記録的な猛暑となっています。
 
  日本だけではなく、世界規模で猛暑となっているようで、
  郊外に比べて都市部の気温が高くなる「ヒートアイランド現象」が
  世界中で問題となっています。
 
  建物が密集し、アスファルトで道路を整備している都市部は熱を貯めやすく、
  高温となってしまうことは避けられません。
 
  このヒートアイランド現象の緩和に、
  あるユニークな方法が注目されていることをご存知でしょうか。

  その方法とは、「建物の屋根を白く塗り替えること」です。
 
  白色の反射塗料を使用した場合、
  日光を跳ね返すことで熱の吸収をカットでき、
  屋根や室内の気温上昇を抑える効果が期待されます。
 
  ニューヨークでは、この効果に注目した市長が中心となり、
  1年間で 1500 人のボランティアと 17 社の協力企業によって
  100 万平方フィート (甲子園球場のグランド=1.3万平方フィート)
  の屋根が白く塗装されました。
 
  白く反射塗装された屋根は、
  従来の暗色の屋根よりも熱の吸収率を 80%減少させ、
  屋根の表面温度を 最大で約30 度、
  室内では 5~11度下げることができたそうです。
 
  実際の経済効果は報告されていませんが、
  エアコンの設定温度を1度上げることで
  10%の消費電力の削減になると言われていますので、
  10度も室内の温度が下がれば、十分な経済効果があると考えられます。

  米国のエネルギー省長官、スティーブン博士によりますと、
  アメリカにある85パーセントの建物の屋根を白い反射塗料で塗り変えると、
  年間あたり7.53億ドルの節約が見込めるとされており、
  白い屋根は益々増えることが期待されそうです。
 
  実際にこの活動はニューヨークを越えて
  アメリカのその他の州にも伝わっており、
  カリフォルニアやフロリダ、ジョージア州では、
  新しく家を建てるときには白い反射塗料を使用することを奨励しているそうです。
 
  その他、米スーパー大手のウォールマートでは、
  4268店舗の屋根を白い反射塗料で塗り替えています。

  日本でもヒートアイランド現象は課題となっており、
  地球温暖化の原因となりにくい太陽光発電など、
  自然エネルギーを利用したエコ発電が注目されるようになりましたが、
  エネルギー体制が画期的に変化したという手応えはあったでしょうか。
 
  発電方法を工夫することも大切ですが、ニューヨークのように、
  電力を消費してしまう原因となる熱を減らす方法も模索すべきです。
 
  既存の建物を塗り替えることが難しいのであれば、思い切って、
  今後建築予定の建物の屋根には必ず白色塗料を使用することを
  各地方の条例に盛り込むのも良いのではないでしょうか。
 
  (あるる)

和風2階建て スマートハウス 完成

和風2階建て スマートハウス 完成
 
イメージ 1
 
山陽小野田市松角(赤崎神社内)
に建築中でした
和風2階建て(スマートハウス)
が完成しました。
 
太陽光発電、床下暖房、
エコキュートなどを備えています。
 
イメージ 2
 
内部の木材、建材は、
すべて国産のスギ、ヒノキを
使用しました。
 
イメージ 3
 
建具や造り付けの家具など
ほとんどを
無垢材で作りました。
 
大工さんと左官さんがつくる
自然素材の家を
是非、ご見学ください。
 
お問い合わせ先
 
 
 
 
 
 
 
ギャラリー
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック