気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

2014年01月

事務所内装改修工事 2.カウンター取付工事

1月22日  事務所内装改修工事 2.カウンター取付工事
 
イメージ 1
 
カウンターの取付工事を
行いました。
 
イメージ 2
 
パソコンなどを置く
テーブルとして使う
カウンターは集成材で、
 
イメージ 3
 
受付のカウンターは
杉の盤木で作りました。
 
イメージ 4
 
玄関サッシの
取替工事も行われ、
 
イメージ 5
 
開き戸を
引違戸に替え、
 
イメージ 6
 
板金で
補修工事をしました。
 
これから、内部床に
御影石を貼る、
左官工事に取り掛かる予定です。
 
 

デトロイトは今

 ●デトロイトは今
 
  かつては米国の自動車産業の拠点であり、
  また世界的に見ても有数の工業都市であったミシガン州デトロイト市。
 
  産業の栄華を極めた同市ですが、2013年7月に
  連邦破産法9条の適用を申請し、破綻しました。
 
  負債総額180億ドルは言うまでもなく米国史上最大の
  破綻自治体となったことは記憶に新しいところです。

  半年が過ぎ、破綻した影響は目に見える形となっています。
 
  街灯の約40%が故障し、人口はピーク時の63%に減少。
 
  廃墟家屋は8万件近くにのぼり、夜になるとさながら
  ゴーストタウンのような感じになってしまうようです。
 
  そのような状況下にあるため犯罪発生率は上昇しますが、
  警察に通報して警官が現場に到着するまでにかかる時間は
  平均58分(全米平均11分)と問題になりません。
  当然事件解決率はわずか8.7%となっており、
  デトロイト市は悲惨としか言いようがありません。
 
  市のサービスはほぼ止まっているため、
  学校などの公共施設は次々と廃墟と化し、人口は低下、
  犯罪は増加傾向と負のスパイラルが同市を蝕んでいます。

  債務返済と公共サービスを両立させることはほぼ無理とのことで、
  スナイダーミシガン州知事は
  「そもそも債務返済のために増税しても、
  市民は増税分を支払えない状況だ。
  また税率は法定上限いっぱいとなっている。」
  と苦しい現状を語り、破綻した街に住むことは
  想像以上のリスクが潜んでいるものと推測されます。

  かつての面影を見ることができるのは
  デトロイト美術館にある美術品ぐらい、
  しかしその美術品も債務返済の為に売却されて
  デトロイト市から姿を消すかもしれません。
 
  米国で最初にゴッホの作品を購入した同美術館が所蔵する
  膨大なコレクションは、競売大手クリスティーズによると
  推定で100億~200億ドルになるのではと試算されています。
 
  全て高値で売却できれば債務の大部分が
  返済できる形となりそうですが、歴史ある美術館だけに反対も多く、
  はいそうですかという問題ではなさそうです。
 
  美術館が襲われる前に結論を早く出した方がいいと
  専門家は懸念しています。

  日本はアベノミクスの真っ最中、
  どんどん国債を発行してばら撒いていますが、
  将来そのツケが回ってきたときに債務不履行となってしまった場合には
  デトロイト市と同じ道を歩む可能性も否定できません。
 
  そうなると、ほとんどの価値あるものがその場所から流出し、
  残るものといえば負債だけとなります。

  今回デトロイト市の現状を画で紹介できませんが、
  さながら映画に出てくるようなその光景を見て
  目に焼き付けておくことは非常に重要なことかもしれません。
 
  Xデーが来ないことを祈りながら。
  (アルフィックス日報)

事務所内装改修工事 1.羽目板貼り工事

2013年12月7日~2014年1月21日  事務所内装改修工事 1.羽目板貼り工事
 
イメージ 1
 
事務所内装の
改修工事を行っています。
 
イメージ 2
 
昨年12月に取り掛かり、
裏の倉庫の一部を
休憩室として作り変えました。
 
イメージ 3
 
壁の羽目板を貼ったところで
昨年末の工事を一旦中断しました。
 
イメージ 4
 
1月は、10日から工事再開。
 
電気配線工事を行った後、
羽目板貼り工事を
13日から行いました。
 
イメージ 5
天井、羽目板貼り工事。
 
イメージ 6
 
クロス貼りだった天井、壁を
全て板貼りにしています。
イメージ 7
 
天井は杉板、
壁は大部分は杉板ですが、
一部桧フローリングを
貼りました。
 
 
 
 
 
 
 
 

住宅あんしん保証 現場検査員更新講習会

1月20日  住宅あんしん保証 現場検査員更新講習会
 
イメージ 1
 
今年、更新期限を迎える、
住宅あんしん保証の
現場検査員更新講習会が
福岡の福岡建設会館で行われ、
参加してきました。
 
イメージ 2
 
今月、札幌から福岡まで
12会場で次々と行われていて、
検査員としての実務的な内容を
再確認する講習会となりました。
 
イメージ 3
 
九州各地から、
多くの検査員が集まりました。
 
実は、住宅あんしん保証ができてから
すぐ検査員になったものの
検査は毎回受けていますが、
検査をしたことがありません。
 
今回も、検査内容を把握するために
受講しました。
 
最後に、簡単な試験もあり、
今年夏に更新となる予定です。
 
イメージ 4
 
この日、孫の守りを兼ねて、
妻と3人で新幹線で
福岡に行きました。
 
イメージ 5
 
博多駅から
地下鉄で福岡空港に・・・
 
イメージ 6
 
乗り物大好きな孫は、
沢山の飛行機を見て
大喜び。
 
イメージ 7
 
講習会の間、
バーバとおとなしく?
飛行場で時間を
過ごしてくれていました。
 
イメージ 8
 
帰りの新幹線は、
1番前の席に
乗りました。
 
イメージ 9
 
こんな席が
準備してありました。
 
イメージ 10
 
大好きな新幹線を運転でき、
最後まで大興奮の
1日でした。
 
 
 
 
 

由布院 テワッカ と 由布のお宿 ほたる

由布院 テワッカ と 由布のお宿 ほたる
 
イメージ 1
 
由布院に行くたびに立ち寄っていた
ローフードのお店「テワッカ」が
1月22日に閉店するということで、
これが最後と夫婦で行ってきました。
 
由布院では、いつも楽しみにしていただけに
大変残念ですが、
今回もいろいろと楽しい話をして
帰りました。
 
イメージ 2
 
この日、宿泊したのは
由布のお宿 ほたる。
 
イメージ 3
 
今回は、半露天ぶろ付きの
和洋室に泊まりました。
 
イメージ 4
 
桧の小さな浴槽ですが、
 
イメージ 5
 
窓から見える
由布岳を楽しみながら
湯布院唯一の
pH9.7のお湯を
堪能しました。
 
イメージ 6
 
夕食は、料理軽めの
お手軽プランにしましたが、
 
イメージ 7
 
結構な品数と量でした。
 
1月から早春の料理に
変わっていました。
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
ちょうどいいタイミングで
次々と出される料理に
十分、満足しました。
 
イメージ 14
 
翌朝の朝食。
 
イメージ 15
 
食事後、写真を撮って
頂きました。
 
妻が昨年末から年始にかけて
孫の出産の為
神戸に行っていましたので、
今年初めての夫婦の旅行を
楽しんできました。
ギャラリー
  • 山口市 蕎麦屋エソラ
  • 山口市 蕎麦屋エソラ
  • 山口市 蕎麦屋エソラ
  • 山口市 蕎麦屋エソラ
  • 山口市 蕎麦屋エソラ
  • 基礎工事着工
  • 基礎工事着工
  • 基礎工事着工
  • 基礎工事着工
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック