気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

2016年03月

耐火野地板貼り工事完了

3月30日  耐火野地板貼り工事完了

イメージ 1

耐火野地板貼り工事が
完了しました。

イメージ 2

筋交いなどを入れ、
壁下地工事に
取り掛かっています。




長門市 大寧寺の桜

長門市 大寧寺の桜

イメージ 1

長門市深川湯本にある
大寧寺の桜が見頃を迎えていました。

イメージ 2

大寧寺本堂。

イメージ 3

境内では、
多くの桜を見に来た人で
賑わっていました。

イメージ 4

あと少しで満開
といった感じです。

イメージ 5

近くにある
湯本温泉、音信川の桜も
綺麗でした。




耐火野地板貼り工事

3月29日  耐火野地板貼り工事

イメージ 1

残りの屋根下地板を
貼り終え

イメージ 2

バルコニーの防水下地、
耐火野地板を貼っています。

イメージ 3

これで2階の作業が
しやすくなりました。

バルコニー床下地工事

3月28日  バルコニー床下地工事

イメージ 1

朝、2階の屋根に
ルーフィングが敷かれました。

イメージ 2

これで、雨天時の工事も
行いやすくなりました。

イメージ 3

2階バルコニーの床に
下地材を取り付けました。

イメージ 4

2階屋根の内、
FRP防水の部分下地工事を
行っています。



世界の穀物需給

 ●世界の穀物需給

====================================
 
  記憶に新しいと思いますが、昨年はエルニーニョ現象の影響で
  日本においても異常気象が多発しました。

  夏場は冷夏と猛暑を繰り返し、冬場も12月の大暖冬から
  1月は一転大寒波が到来。

  九州地方での降雪に驚かれた方も多いのではないでしょうか。

  日本のみならず世界でも南アフリカにおける過去20年で最悪の干ばつ
  インドでの熱波、カリフォルニアでの干ばつなど
  まさに世界中で異常気象が多発した年でした。

  昨年でさえ多大な影響をもたらしたエルニーニョが
  実は今年さらに勢力を増していることをご存知でしょうか。

  NASAは気象観測衛星から得たデータにより、
  エルニーニョは勢力を依然拡大していると指摘し、
  「ゴジラエルニーニョによって未曾有の危機が訪れる」と警鐘を鳴らしています。

  海洋研究開発機構によれば、エルニーニョと世界の主要穀物の生産変動には
  関係性があり、特にトウモロコシ、コメ、コムギにおいて
  エルニーニョ年に平年収量を下回る傾向がみられるようです。

  あらゆる資源の中で穀物は種を蒔いて生産するという性質上、
  鉱物や原油とは違い(収穫後には)生産を増やすことが出来ません。

  世界全体の穀物需給を見てみますと、
  世界的な人口増や新興国の経済発展に伴う食生活の変化に加え、
  バイオ燃料向けの需要から消費量は年々増加しています。

  一方、供給面は技術革新により単収が上がり、
  生産量は増加傾向にありますが、
  主要国の農業政策の変更や天候による作柄の増減等により、
  大きく上下する場合があります。
 
  近年では異常気象により、穀物の生産量が低下。

  世界の穀物(小麦・米・トウモロコシ)在庫は
  2006~2008年に17%台の低水準になり、
  2008年には穀物価格が急騰しました。

  これをきっかけに各国が自国の食料安全保障対策に力を入れ、
  備蓄の拡大や増産により、在庫は一時的に回復しましたが、
  ここ数年は20%前後での推移が続いています。

  在庫率が20%を分かりやすく言いますと、
  約73日分しか在庫がないということです。

  つまり、2012年のように米国が高温・乾燥に見舞われ、
  世界の穀物在庫が減少しますと、穀物価格は瞬く間に急騰し、
  2008年の高値を超える可能性も考えられます。
 
  世界各国の需給状況を見てみますと、供給面では、
  南アフリカでの記録的干ばつにより、穀物の生産量見通しは著しく悪化し、
  トウモロコシの収穫量が2007年以来の低水準となる可能性が高まっております。

  また、インドでも小麦の耕作面積の縮小が見込まれております。

  そして、需要面では、中国は穀物に関して国内自給が原則でしたが、
  最近では輸入が徐々に増えてきており、
  これから世界の穀物生産量が増えることを加味しましても、
  2023~24年には在庫率が17%にまで下落する見通しです。

  今年、もし異常気象で収穫量が減少するようであれば、
  2008年や2012年の再来になるかもしれません。

  主な穀物は一年草ですので、毎年春先に種子から育てなくてはいけません。

  穀物の生産は春先に始まり、秋ごろに収穫されます。

  北半球と南半球では季節が逆になりますので、
  北半球は毎年4月~9月頃、南半球は10月~3月頃となります。

  つまり南半球の収穫が終わり、
  今年の北半球の穀物の生産はこれから始まります。

  北半球の穀物の生育の流れは、
  まず毎年3月31日に今年の大まかな収穫量を決める
  作付け意向面積が発表されます(確定値は6月)。

  そして4月からは実際に作付けがはじまり、穀物を生育していきます。

  この間は常に天候の影響を受け、価格に影響します。

  例えば作付け期が必要以上の長雨となりますと、
  作付け期の遅い他の穀物への作付けシフトが懸念され、
  作付け面積の減少が価格上昇の材料とされることもあります。

  このように通常は日照時間と降雨、気温等に注目されますが、
  エルニーニョなどの影響で異常気象が発生し、
  急激な価格変動に見舞われることケースもあります。

  そして、最も注目すべき時期は7月初めの受粉期です。

  この受粉期に高温・旱魃の影響を受けますと、受粉が上手くいかず、
  結果的に秋の収穫も減少することになります。

  この時期は大きな価格変動が起こることが多く、
  実際昨年の受粉期は大きく値上がりしました。

  3月の生育スタートと並び、最も注目される時期となります。

  (アルフィックス日報)
 



  
ギャラリー
  • 廊下床貼り工事
  • 廊下床貼り工事
  • 廊下床貼り工事
  • プラスターボード下地工事
  • プラスターボード下地工事
  • プラスターボード下地工事
  • プラスターボード下地工事
  • プラスターボード下地工事
  • プラスターボード下地工事
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック