大分県 中津市本耶馬溪町 青の洞門

IMG_3114 (2)


IMG_3115 (2)


IMG_3116 (2)


IMG_3117 (2)


大分県中津市本耶馬溪町にある「青の洞門」。
自分が小学生時代教科書に載っていた
菊池寛の「恩讐の彼方に」という小説の舞台になった
洞門ですが今の若い人たちは全く知らないようです。

禅海和尚によって約30年掛けて掘られた洞門は
通行料を徴収して工事費の一部に当てたため
日本最初の有料道路と言われています。

道路幅が狭く車がすれ違えないため
信号によって交互通行になっています。