イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 8月28日、長南大会の準決勝、決勝が行われた。準決勝は宇部工と対戦。宇部商 桂、宇部工 日高の投げあいで、一時は4-3と接戦になったものの、着々と加点し7回から登板の三上が5三振を奪う好投で、結局9-3で圧勝。決勝の相手は昨年初めて選手権大会に出場した創部3年目の慶進だった。この大会初めてエース高橋が登板しベストメンバーで臨んだ決勝戦は10-0の5回コールドで投打にわたって圧倒し、新チーム公式戦初優勝を飾った。(写真は、ピッチャー桂と高橋、5回裏10点目のホームイン)