イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

1月31日、基礎配筋検査
 基礎配筋を終え、10年間の瑕疵保証のための
 ジャパンホームシールド蠅砲茲訛茖渦麑椶慮〆此
 基礎配筋検査が行われた。
 基礎立ち上がり部分の上下端主筋(異形13mm)、
 その他の配筋(異形10mm)の種類、
 スラブ200mm、フーチング300mm以内の
 間隔などが守られているか、
 スペーサーブロックが1m以内に、
 高さ60mm以上で入っているか、
 継手補強が鉄筋の直径の40倍以上で入っているかなど、
 数十にわたる項目について一つ一つ検査された。
 検査に合格し、明日コンクリート打ちを行う予定にしている。