イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

2月25日、2日前から我が家に泊まっていた妻の母を熊本の実家に送った帰り、杖立温泉の入口にある、漢音岩温泉に寄った。 杖立川の川沿いに、27室の家族湯が並び、足湯・ペット専用浴室「お犬様の湯」まである。1から7番までは開閉式の屋根の露天風呂になっていて、ハンドルを回すと自由に天井の開閉ができ、「かえでの湯」「八重桜の湯」「五百年かやの木の湯」と違った種類の木で作られている。その他の家族湯もそれぞれ違った趣があり、「檜の湯」「古木千年けやきの湯」「石釜風呂」「桜の湯」「せんだんの湯」「石風呂」などがある。今回入ったのは150年の小国杉を切り抜いた「大杉の湯」。24時間営業で熊本では人気の温泉だが、さすがに深夜だったので、殆ど空いていた。桧の風呂は結構あるが、杉というのは珍しかったのとせっかく小国まで来たので、有名な「小国杉」の風呂に入ってみることにした。泉質は弱アルカリ塩泉で、効能は胃腸病・リュウマチ・肩こり・神経痛・筋肉痛・冷え症・疲労回復と言うことになっていた。 料金は家族風呂1室(平日60分・土日祭日50分)1,300円~2,000円と大きさによって違うが、大変雰囲気がよく手頃だと思う(大杉の湯は1300円だった)。川の向こうが国道と言うこともあり、目隠しがあって景色が眺められないのは、残念だったが、田舎風の造りと、杉と土壁でできた部屋は落ち着いて気持ちがよかった。