イメージ 1

  古民家の構造や仕様などから、
  日本にあった家づくりについて取り上げてきました。

  しかし、縁側や濡れ縁、囲炉裏、三和土などを
  現在のライフスタイルにそのまま組み込むことは、
  現状、難しいと言わざるを得ません。

  古くからの知恵を上手に活用しながら、
  便利で快適な生活と高い耐久性・耐震性を実現する
  住まいづくりが、今、求められているのです。

イメージ 2



イメージ 3

  高気密・高断熱住宅の弱点は、換気を充分に考えないと、
  室内の空気が淀み空気環境を悪化させてしまうこと。

  淀んだ空気は人体に悪影響を及ぼすだけでなく、
  湿気の原因となり、カビや腐れを引き起こします。

  そしてその結果、住宅の耐久性を損なってしまうことにも繋がります。

  隙間風の入らない現代の家で、耐久性を高めるためには、
  家全体の換気を考慮して計画的に行なわなければなりません。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


  特に床下の換気・通気は重要な課題。

  一般的な基礎に設ける「床下換気口」では隅々まで
  しっかりと換気することは非常に困難です。

  しかし全周換気で隅々まで換気を行う
  キソパッキング工法なら安心・確実。

  従来の換気口に比べて1.5~2倍の換気性能が実証されており、
  快適な湿度環境を保つことが可能です。

  木造住宅の大敵である湿気を排出することで、耐久性もアップ!

  しかも風力換気と重力換気を活かした自然換気なので
  メンテナンスも不要。

  古民家のように「自然とうまく調和しながら長持ちする家」になるのです。

  (Joto.com)