イメージ 1

  法隆寺のような古い木造建築物が
  残っていることからも分かるように、
  木材はとても優秀な建築材料です。

  構造材としてはもちろん、
  仮設材、仕上材、家具材など、
  あらゆるシーンで使われています。

  木材も樹種によって特徴が異なるので、
  その樹種の特徴(性質)を理解して
  用いることが大切です。

イメージ 2


イメージ 3

  木材は葉の形状から区別し、
  針葉樹と広葉樹に大別されます。

  針葉樹は針のように先がとがった細い葉を持った木で、
  軟らかく、軽量で強度があって加工性に優れているため、
  構造材、内装材、造作材などに幅広く使われています。

  松、杉、桧が代表的です。

  広葉樹は平たい丸みをおびた葉を持った木で、
  硬く、豊かな木目模様の美しさが特徴で、
  内装材、造作材、家具材などに使用されます。

  ナラ、ケヤキ、桜が代表的です。

イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6

イメージ 7


  木材の主な長所として、軽くて強い、加工しやすい、
  乾燥後の耐久性が高いといったことが挙げられます。

  木材に含まれる水分は伐採後に徐々に失われていき、
  強度が増す一方で粘り強さは低くなります。

  また乾燥が進んでいくと不均一な収縮や
  ひび割れを生じるので、
  含水率15%程度まで乾燥させた気乾状態の
  木材を使用することをお勧めします。

  また湿度の高いところでの木材の使用は、
  腐朽菌やカビが繁殖してしまい、
  耐久性が低下するので、湿度管理が大切です。

  コンクリートの基礎と接している木質土台は、
  コンクリートからの水質分の放湿で
  土台の含水率が高くなりやすいので、
  キソパッキング工法で絶縁するといった対策が必要です。

イメージ 8


  (Joto.com)