イメージ 1

  シックハウス対策として、そしてより健康に過ごすために
  今、健康住宅が注目を集めています。

  そして健康住宅を語る上で欠かすことのできない
  建築材料に「珪藻土」があります。

  珪藻土とは、植物性プランクトンが
  海底や湖底に堆積し化石化したもので、
  昔から火に強い土として
  七輪や耐火レンガなどに使われてきました。

  現在注目されている理由は、その呼吸性(調湿性)。

  四季を通じて湿度の調整が難しい日本において、
  調湿機能を持つ珪藻土は最適な建材として見直されています。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

  珪藻土には1ミクロンにも満たない超微細孔が
  幾何学的に無数にあいており、
  その穴が吸湿・放湿を繰り返し、
  部屋の湿度を快適な状態に調整します。

  それは室内や壁体内の結露予防にも効果的。

  結果、カビやダニの発生を抑えることが可能になります。

  また無数の穴の中に空気が入ることで
  空気の層ができるので断熱効果も期待できます。

イメージ 5

  珪藻土は室内の湿気だけでなく、
  タバコやペットの臭いなど生活臭もしっかりと吸着。

  喫煙者やペットのいるご家庭にもおすすめの建材といえます。

  また、ホルムアルデヒドなどの
  有害な化学物質も吸着することから、
  シックハウス症候群の予防にも効果的だといわれています。

  しかも耐火性や遮音性にも優れているので、
  お部屋の壁材・天井材として活用されています。

イメージ 6


イメージ 7

  珪藻土自体には固まる特性はありませんので、
  珪藻土のみで壁や天井などに使用することはできません。

  現在、建材メーカーから「珪藻土建材」として
  数多く市販されていますが、
  「珪藻土建材」には付着をよくするために
  何らかの接着剤が入っています。

  漆喰、石膏、セメントなどは調湿性能がありますので、
  珪藻土の性能を損ねることはないと思われますが、
  合成樹脂の接着剤は調湿性能がないため、
  性能を損ねてしまいます。

  「珪藻土建材」に含まれる接着剤の種類や
  含有量によっては珪藻土の超微細孔を塞いでしまい、
  せっかくの「調湿性」や「保温性」などの特性を
  発揮できないことにもなります。

  使用する際には、成分をしっかりと確認した上で
  選定することが大切です。

  (Joto.com)