イメージ 1


  大切なペットとの暮らしを共に快適・安全、
  そして楽しくするためのアイデア・インテリアや建材などが
  次々と開発・販売されていることをご存知ですか?

  ペット用の出入り口付き扉を初め、滑らない床材など、
  犬・猫と暮らすためのプランを発表するハウスメーカーも少なくありません。

  ペットが快適にくつろげ、またこれらの話題の商品を生かせる住宅は、
  第一に機能的であることが大切です。

  まずは「人」と「ペット」が暮らすための収納を一緒に見直しませんか?

  ペットとの共生について研究・住宅の設計を手がけられている
  建築家の廣瀬さんに収納計画に大切なアドバイスをお聞きしました。

イメージ 2


  ペットにとって、自分たちのおもちゃと生活雑貨の区別のない部屋になっていませんか?

  留守中に家の中にモノが散乱してた…。という経験をお持ちの人も多いと思います。

  「気をつけてはいたんだけど…」と嘆きつつ何度も繰り返す…。

  このようなペットの行動で悩まないように、
  大切なモノを犬の手が届くところに置きっぱなしをしないようにする。

  そして、一時的にモノを置ける場所を広めに設けておくことも大切です。

  気をつけなければいけないのは、買ってきた物や使ったモノをしまうまでの時間です。

  大きめのパントリーや、玄関クロークなどに取りあえずサッとしまうことが
  家族の習慣になればいいですね。

  このような収納について廣瀬さんのお考えをお聞きしました。

イメージ 3

イメージ 4

  ペットはハイハイ歩きをする小さい子どものようなものです。

  犬なら床に落ちている小さいモノを誤飲することもある。

  そして一生、床で生活を送ります。

  ペットのために広い空間を用意できなくても、まずは床を彼らのために
  あけてあげることを考えてみてください。

  そのためにも、余るぐらいの収納量を用意して、いっぱいになってきたら、
  中身を見直すということを繰り返し、
  常に余裕のある収納を心がけることをお勧めしています。

  下の写真のわんちゃんはいつでも家族の足下にいる子なので、
  床から一段上にモノを置けるスペースを設計しています。

イメージ 5


イメージ 6


  収納がたくさんあることはいいことですが、雑然と家具が並ぶ部屋は、
  ペットにとっても人にとっても快適な環境とはいえません。

  ペットができるだけ広く歩き回れるように、
  追加の家具をあまり置かなくていいような収納を考えてみましょう。

  マンションなどで収納用サービスルームに限りがある場合は、
  ペットと暮らすことを機に持ち物を見直し、思い切って処分。

  残ったモノを使用頻度を確認して、あまり使わないモノは
  天袋や押し入れ、クローゼットの上部にしましょう。

  増えてきたモノをしまうために次々と家具を買い足して、部屋が狭くならないように…。

イメージ 7

  これまで、ケージの置き場所に悩まれて、
  部屋の隅に置いているというお宅を数多く拝見してきました。

  これを犬にとって快適で、美しく見えるモノにしたいと思い、
  写真のようにケージを一部として組み込んだ造付け家具をつくりました。

  家族が過ごすリビングが見える場所で、ペットが落ち着けるケージになっています。

  このようなデスク以外にも、部屋をすっきり見せて、
  かつ機能的な工夫を考えることで、
  人もペットも快適に暮らす家をつくることができます。

イメージ 8

  (イエマガ)