イメージ 1

  VOC(揮発性有機化合物)は、シックハウスの原因となりうる化学物質で、
  そのうちホルムアルデヒド・クロルピリホスの使用が建築基準法により規制され、
  2003年7月に施行されました。

  その後、(財)建材試験センターが、学識研究者をはじめとする
  「建材からのVOC放散速度基準化研究会」を立ち上げ、
  トルエン、キシレン、エチルベンゼン、スチレンの
  4つのVOC(以下「4VOC」と記述)について、
  各種建材の室内における放散性能の判断基準値と試験方法を、
  「建材からのVOC放散速度基準」として制定しました。

  上記に対応して、(社)日本建材・住宅設備産業協会をはじめとする各業界団体が、
  木質建材等に関するVOC業界自主表示制度の運用を順次始めました。

  今後、各業界基準に適合した製品については、
  VOC放散性能の優良な製品選定の手助けとなるよう、
  企業や団体により、「4VOC基準適合」自主表示が進められます。

  今回、床材やケナボードの分野につきまして
  業界自主表示制度の運用が開始されましたので、
  各社がホームページで「4VOC基準適合」の表示を開始します。

  尚、キッチン等のユニット製品につきましては、
  2009年秋頃から業界自主表示制度の運用が始まる予定です。

  (パナソニック)