イメージ 1

7月27日 基礎配筋検査

  住宅瑕疵担保履行法により、平成21年10月1日から
  新築住宅の請負人や売主には瑕疵担保責任を確実に履行するための
  資力確保措置(保険への加入または保証金の供託)が義務付けられます。

  今回は、住宅あんしん保証の住宅瑕疵担保責任保険
  「あんしん住宅瑕疵保険」に加入しました。

  保険のための第1回目の検査、基礎配筋検査が
  検査機関である中国ハウスプラスによって行われました。

  鉄筋の種類、間隔、継ぎ手長さ、施工状況など
  決められた項目について、ひとつひとつチェックされました。

  検査に合格し、いよいよコンクリート打ちに入ります。