7月28日 スラブ(基礎底盤)コンクリート打ち

イメージ 1


  スラブ(基礎底盤)のコンクリート打ちが行われました。
  
  コンクリートミキサー車で運ばれたコンクリートを
  ポンプ車で基礎の中に流し込み、
  
イメージ 2

イメージ 3


  厚みが一定になるように均していきました。

  今回のスラブの厚みは、ベタ基礎配筋表から150mm、
  使用したコンクリートの呼び強度は21N/m㎡、
  スランプ18cmです。

イメージ 4


  午後から始まった工事は夕方に終了し、
  コンクリートが固まる前に、
  鏝で表面をこすり、仕上げを行いました。  

  コンクリートが固まると、立ち上がりのパネルを
  組んでゆく予定です。