「カーボンオフセット」という言葉は、2~3年ほど前より
  企業活動の中の言葉として聞くようになり、
  今では、商品カタログ、衣類など、身近な商品・サービスから、
  ホテルの宿泊プラン、結婚式まで広がってきました。

  カーボンオフセットは、
  なんとなく環境に関する言葉であることはわかりますが、
  「カーボン」「オフセット」などカタカナ用語の組み合わせで、
  今ひとつ、具体的なイメージがわかない方も
  いらっしゃるのではないでしょうか。

  インターネット等で調べてみても、
  「クレジット」「CDM」「CER」「VER」などの略語
  などとともに出てきて、
  ますますわからなくなってしまいます。

  そこで今回は、カーボンオフセットと
  森林に関わる事例をご紹介いたします。

イメージ 1


 ●ゴミオフセット

  はじめに、ゴミ削減の例え話で考えてみます。

  ある会社A社では、自社が毎月出す大量のゴミうち
  100kgを減らそうと目標を立てました。

  社員が懸命になって、コピー用紙の裏紙を利用したり、
  古いOA機器はリサイクルにしたり、
  さまざまな取り組みをしましたが、
  社員全員で精一杯に頑張っても毎月80kgまでしか
  減らすことができませんでした。

  そこで、どうしても減らせなかった残りの20kg分は、
  社員全員でオフィスの近くの街でゴミ拾いをして
  埋め合わせ(=オフセット)をすることにしました。

  A社の社員は、街に出て、無造作に捨てられている
  空きビン、ペットボトル、雑誌など、
  リサイクル(再資源化)可能なものを回収し、
  リサイクル業者さんに引き取ってもらいました。

イメージ 2

  結果として、A社内では、最善を尽くしても
  毎月80kgまでしか減らせませんが、
  近隣の街で残りの20kg分のゴミ拾い(再資源化)を
  継続することにより、
  20kgの不足分の埋め合わせをしたわけです。

  いわば「ゴミオフセット」です。

  (以上、たとえ話です)

 ●カーボンオフセット

  カーボンオフセットもこれと似ています。

  企業活動や家庭で出さざるを得ないCO2、
  どうしても減らせないCO2を、
  どこか別の取り組みで減らそうというのが
  カーボンオフセットです。

  カーボンとは炭素のことですが、
  具体的には二酸化炭素CO2のことです。

  つまり、カーボン(=二酸化炭素CO2)のオフセット
  (=埋めあわせ、相殺)です。

  仮に、火力発電による電力すべてを
  風力発電で替えたとした場合、
  CO2の排出量は25分の1になります。

イメージ 3


  ここで96の削減量は、どこかで、やむを得ず排出される
  CO2の相殺に使うことができます。

  この排出削減量は認証機関で厳格に検証、認証されて
  「排出権」とか「クレジット(CER、VER)」
  などと呼ばれるようになり、
  環境にやさしい企業活動を行うため、取引されることがあります。

 ●ルミネのカーボンオフセットの取り組み

  節電や屋上緑化、バイオ発電を導入をするなど、
  さまざまなCO2の排出削減に
  取り組んでいる企業も少なくありません。
 
  JRや都市銀行が出資している
  ショッピングセンターのルミネでは、
  社員の通勤時に排出する二酸化炭素まで
  削減する取り組みを行っています。

  その内容は次のとおりです。

  高知県のあるセメント工場では、
  日々、ボイラーで化石燃料の石炭を燃焼させて、
  セメントを生産しています。

  当通信でも何度かお伝えしていますが、
  化石燃料は地下深くから掘り出して使われるため、
  大気中のCO2を増大させ、地球温暖化を進めてしまいます。

  そこで、そのボイラーの燃料を未利用の林地残材
  (=山に捨てられ、活用されていない間伐材等)に替えれば、
  二酸化炭素の排出量を削減することができます。

  しかも、木材を燃焼させることにより排出されるCO2は
  もともと大気中に含まれていたものが、
  光合成によって樹木に固定されていたものなので、
  大気中に還元されるだけです。

  いつかまた、森林の木々に吸収され、
  いつか燃焼し・・・と繰り返し(循環)なので、
  実質的には、大気中のCO2を増やすことはありません
  〔→カーボンニュートラル(第26号)〕。

  燃料を換えることにより減らすことのできたCO2量は
  排出権とかクレジットと呼ばれます。

  クレジットは、それを認証する機関によりCERとかVER
  (=どちらも「認証された(CO2)の排出削減量」※)と呼ばれ、
  売買することが可能です。


  ルミネでは、高知県から購入したクレジットを
  社員が通勤時にバスや電車を利用することにより
  排出されるCO2の相殺(カーボンオフセット)に使っています。

  つまり、どうしても減らせない社員の通勤時に排出されるCO2を
  他の取り組みで減らすことにより埋め合わせをし、
  とことん環境にやさしい企業活動を実現しているのです。

  カーボンオフセットの取り組みはさまざまですが、
  森林を活用した取り組みが広がれば、
  衰退しつつある日本の森林と林業の活性化が見込まれ、
  日本に元気な森林が増えて、
  地球温暖化を抑えることもできるのです。

  (木づかい友の会通信〔第30号〕)