イメージ 1


  日本でも古くから石畳はありました。

  しかし、そのほとんどは神社・仏閣の参道に敷かれたものです。

  現在でも一部の観光地(京都/奈良)を除いてその状況は変わりません。

  平安時代、その石畳の模様が衣服の文様に使われていた事が
  文献に載っています。

  また、石畳の模様が家紋になったのが「石畳紋」です。

  ※江戸時代、歌舞伎役者の初代佐野川市松が紺と白の石畳紋を
  袴に用いたことから市松模様という呼び名が付いたようです。

  江戸時代になり幕府は江戸に通じる街道を中心に
  交通網の整備を進めましたが、
  その内容は伝馬制度や街道での荷車運行の原則禁止など、
  道路そのものの整備よりむしろ制度の方を優先しました。

  おそらく江戸の街を攻めづらくするという
  戦略的な意図があったのではないでしょうか

イメージ 2


  東海道にはわずかの箇所ですが
  当時の石畳が残っているところがあります。

  箱根の坂道です。

  さすがにぬかるんだ坂道は歩けなかったでしょう。

  ちなみに江戸市中では、荷車の運行は許されていました。

  そして、そのための舗装剤として
  浅草砂(細かい砂利のようなもの)なるものが
  使われていたらしいのです。

  残念ながら石畳は一般的には敷かれていませんでした。

  こうして、江戸時代の街道交通はあまりスムーズなものではなく、
  物流はもっぱら海運に頼っていたようです
  (1633年以降に発令された一連の鎖国令を監視する意味もあります)。

イメージ 3


  (あるる)