イメージ 1


  石畳に使われる石として一般的なものはやはり、御影石でしょう。

  比較的広範囲で産出し、材としての安定感が高く、強度もあり、
  加工もしやすいといった機能性に富んでいるからです。

  そのほか、安山岩や玄武岩などの火成岩も
  御影石同様の機能性があり、石畳に適しています。

  イタリアなど産出する石の種類が豊富な国では
  上に挙げた石以外でも、砂石、石灰岩なども使われています。

  もちろん、火成岩に比べ、耐久性は劣りますが装飾性があり、
  また歩道など摩耗しにくい場所に使うには柔なかな味もあり、
  逆に適しているかもしれません。

イメージ 2


  (イエマガ)