これから暖房機器が大活躍する季節がやってきました。

  しかし、暖房機器を使用することによって部屋の湿度が
  低下していくことはご存知のことと思います。

  乾燥はお肌の大敵と言われますが、
  この湿度の低下は美容以外にも身体に害を及ぼすのです。

  低温・低湿度はウイルスが好む環境であると共に、
  喉の粘膜も刺激されやすいため、
  風邪を引く可能性が高くなります。

  そのため、湿度を上げるために加湿器を
  使用される人が増えています。

  ただ、加湿器が普及したことには理由があります。

  昔に比べると建物の構造が進歩して
  密閉性が高くなったため、室温が上昇し、
  ただでさえ乾燥している冬の空気が
  さらに乾燥する結果となったのです。

  そして、その乾燥した空気はインフルエンザウイルスの
  生存率が上がると言われているのです。

  そのため、空気を加湿することにより、
  ウイルスの生存率が下がることも分かっています。

  つまり、加湿器を使えば、乾燥性皮膚炎、乾燥性結膜炎、
  インフルエンザの予防などが出来るのです。

  しかしその反面、加湿器病になる人が増えています。

  加湿器病とは、別名加湿器肺といい、
  アレルギー性の肺炎です。

  かつては農家の人が穀物に付いているカビを吸って
  発症する職業性の肺疾患として知られていました。

  症状としては、風邪と似た咳、発熱、悪寒、息切れ
  などですが、アレルギー反応が激しい場合には
  呼吸困難を起こすこともあります。

  原因としては、不衛生にしていると、
  細菌が加湿器の中で繁殖してしまい、
  そこから飛び散るカビ類や雑菌類を毎日少量ずつ
  吸い込むことにあるそうです。

 しかし、健康のために使用していたのに
  病気になったら元も子もありません。

  加湿器のタンク内の水は毎日入れ替え、
  カビが生えないようにするほか、
  全体を十分に掃除するなど簡単な作業で
  加湿器病は予防できます。

  最近では大きさやデザイン性にも優れた
  加湿器が増えています。

  その中から構造を理解して、
  自分の生活スタイルに合ったものを選び、
  風邪とは無縁の生活を送っていきたいものですね。

  (あるる)