2月25,26日 長府木材市

イメージ 1


  2月後半の長府の木材市が
  25,26日2日間にわたって
  行われました。

  1日目は、
  予め値段がつけられていて
  購入するという方法で、
  2日目は
  いつもどおりの競りでした。

  下関の現場から近いので
  2日とも行ってきました。
  
イメージ 2


  1日目は、まず杉の枠材を
  1山購入しました。
  いい材料が安く手に入りました。

  作業場で、乾かしてから
  サッシ枠に使います。
  
イメージ 3


  この日の大きな買い物は
  小国杉の化粧板、
  巾が27cmの無節の板で
  天井に使います。

  通常の2/3程度の値段で
  仕入れることができました。

  そのほかに、桧の柱など購入し
  1時間程度で帰りました。

  市では、半日から1日
  いなければならないので
  ほしいものがあるときには
  予め価格が表示されているのも
  いい方法かもしれないと
  思いました。

イメージ 4


  2日目の競りでは、
  屋根に使う厚さ36mmの
  杉板を競り落としました。

  1日目の値段より2割程度 
  下がりました。

  1日目でも結構安かったので
  買うかどうか迷っていましたが
  いい買い物でした。

  通常の2/3程度の値段で手に入り
  節も少なく、いい材料でした。

  枚数は100枚以上ありましたが
  十分乾かしてから
  次の新築工事の屋根板に使います。

  そのほか屋根の野地板なども
  購入しましたが、
  参加した業者が少なく、
  雨も降りそうでしたので
  通常より早く市が終わりました。

  いつもと違うやり方の木材市でしたが
  まだまだ売れ行きが良くなく
  いい材料が安く手に入る状況は
  kれからも続きそうです。