製造時のエネルギーが少ない木材

  私たちの周りには、キッチン用品、文具、家具、家電など、さまざまな日用品があります。
 
  これらは、鋼材、アルミニウム、鉄、プラスチック、ガラス、木材など、さまざまな素材からできています。
社寺建築用に製材された木材
(写真提供:上田産業株式会社)
 
  これらの素材は、目的によって、適当な大きさや形に
  加工し、材料となり、製品になります。
 
  例えば、木造住宅では、丸太から適当な大きさの
  柱・土台や板に加工し(材料)、それらを組み立てて
  住宅(製品)ができます。
 
  素材の加工過程では、工場のモータやコンピュータを
  動かすために電気エネルギーが消費されます。
 
  スチームやボイラーの熱源や運搬車両のエンジンを
  動かすために化石燃料が消費されます。
 
  エネルギーとは、何かを動かすときには、必ず必要なもので、エネルギーを消費すると、
  二酸化炭素を放出します。
 
  二酸化炭素は地球温暖化を引き起こす一大物質です。
 
  次のグラフは、それぞれの素材で材料を製造するときに、
  発生する二酸化炭素の放出量を炭素に換算して比較したものです
  (二酸化炭素の放出量の大小はエネルギー消費量の大小に相当します)。
 
データ出所:財団法人 日本木材総合情報センター「木質系資材等地球環境影響調査報告書」
 
  木材(木質)系の材料は他の材料の製造時と比べて、製造時のエネルギーが極端に少なくなっています。
 
  木材は加工しやすいからです。例えば、木材製造時(人工乾燥材)の炭素放出量は、
  鋼材の53分の1、アルミニウムの220分の1に過ぎません。
 
 ※天然乾燥材、人工乾燥材、パーティクルボード

  伐採直後の木材は、水分をたっぷり含んでおり、これを生材といいます。
 
  仮にたっぷりと水を含んだ生材を使って、家具を製造したり、家を建てた場合、
  木材の乾燥とともに収縮し、寸法が狂いはじめ、不具合が起こるようになります。
 
  乾燥材はこれらの欠点を改善するために、あらかじめ乾燥させた木材です。
 
  乾燥方法の違いにより、天然乾燥材と人工乾燥材があります。
 
 ※パーティクルボード

  木造建築などで余った切れ端や解体材など、利用用途があまりない木材を
  細かく切り砕いた小片(チップ材)を接着し板状に加工したもの。
 
  木づかい友の会通信〔第38号〕