7月25日 空き缶回収
 
   環境衛生連合会常盤支部の
   常盤校区内主要道路の空き缶回収が
   8時半から行われ、
   則貞C自治会の衛生部長として
   7月4日の常盤海岸清掃に
   引き続き参加してきました。
 
   この自治会の担当は、国道190号線で、
   恩田方面から常盤ふれあいセンターに向かって
   国道沿いに捨ててある空き缶やゴミを
   回収して行きました。
 
イメージ 1
 
    約1時間ほど歩いてゴミを回収した後
    集合場所のふれあいセンターに行くと
    常盤校区各所で参加した方々が
    すでに大勢集まっておられました。
 
イメージ 2
 
    空き缶やペットボトルは
    それほど多くはなかったものの
    自分が担当した190号線では
    タバコの吸殻が大変目立ちました。
 
    集められたゴミは、
    アルミ缶、スチール缶、ペットボトル
    燃やせるゴミなどに分類されて
    まとめられました。
 
    年2回、行われるそうですが  
    これまで自分の知らないところで
    このような地道な活動が
    行われていたことを知り、
    感心しました。
 
    炎天下での作業でしたが
    気持ちのよい汗をかくことができました。