イメージ 1
 
 
イメージ 2  
  分布するのは、本州中部で海抜高が
  1000~2000メートルの地域です。
 
  最近では、北海道、東北地方、本州中部の
  寒冷地帯の造林樹種として注目されるようになり、
  造林面積が増えてきました。
 
  カラマツは、日本で産する針葉樹のうち、
  唯一の落葉樹です。
 
 
  樹形が美しく、柔らかい印象ですが、
  木材はどちらかというと重硬で荒々しい感じがします。
 
  スギ、ヒノキのように全国的に知られているものとは違い、
  現在でも産地周辺の地域で利用される量が多いようです。
 
  (木づかい.com)
建築(主として表面に出ない部材)、杭、土木用ダンネージ、パレット、家具などに用いられます。