山野工務店のリフォームについて
ご案内します。
 
一口にリフォームといっても
いろいろな工事がありますが
以下の4つのカテゴリーに大別されます。
1.増築 既存の部屋を広げたり、新たに部屋を作ったりする工事。
2.改築 床面積を広げず、間取りを変更する工事。
3.改装 内装工事だけを行う工事。
4.修繕 設備機器の交換や外壁の塗り替えなどの工事。
 
山野工務店では、水栓の取替え工事から
クロス張替え工事、各種増改築まで
ご相談に応じております。
 
打合せ時にご希望や予算をお聞きし、
その上でリフォームプランのご提案をさせて頂きます。
 
現地調査や見積り、ラフプラン作成まで
無料にて対応しております。
 
なお、築60年以上たっている建物は、
建築基準法の制定・改定以前からあった建築物であり、
新しい法令に適合しない部分がある可能性があります。
 
その場合建築物を改築する場合は、
現行の建築基準法に適合させる必要があります。
 
外壁の塗装は、一般的には10年から
15年くらいが目安で、汚れや傷みで判断します。
 
外壁の隙間は、まずはコーキングと呼ばれる充填剤
(ホームセンター等で買えます)で
補修することをお勧めします。
 
外壁に付着する白い粉は、チョーキングと言い、
外壁材の塗料に含まれる“顔料”と呼ばれるものが
表面にでてきている状態です。

これは塗装の防水性が弱くなっているサインで、
塗り替えの一つの目安となります。
 
外壁のリフォームで、既存の外壁の上から
新たに塗装するだけでもイメージを大きく変えることができます。
 
最近多くなったバリアフリーの工事について、
補助金は介護保険の認定を受けている人が対象となります。
 
敷居などで生じる5cm以内の段差なら、
小さな傾斜を設けておくだけで移動がかなり楽になります。
 
手摺りはすぐに必要ないなら、後からでもすぐに
取付けできるよう下地補強をしておくのがお勧めです。
 
ちなみに手摺りの取付け位置は、
大腿骨の付け根の高さが最適と言われています。
 
快適な住生活を送るためには、
ライフステージにあった、住空間が必要です。
 
是非お気軽にご相談下さい。
 
シックハウス対策として、
抗酸化リバース工法を
増改築工事にも積極的に取り入れています。
 
また山野工務店は、「既存住宅流通活性化等事業」
に採択されていて、
昭和56年6月1日以降に確認申請された戸建住宅
(竣工日が平成12年3月31以前)の場合
構造または雨水防水工事を含むリフォームには
工事費用の1/4が助成されます。(限度額あり)
 
詳しくは、お問い合わせ下さい。