木のある暮らしと私 1.木の好きな娘「モルネ」 小川透さん(神奈川県)
 
  我が家の娘の体験記を紹介したい。小学校6年になる。愛称を「モルネ」と言い、
  本当は地球外生命体なのだそうだ。
 
  ・・・まあ、それは置くとして、いろいろと活動的である。
 
  通常、家にいる時は靴下をはかない。真冬でも履かない。
 
  理由を聞くと「だって木の感触がイイんだもん」とのことだ。
 
  子供の部屋には信州カラマツを床に使った、
  その浮造りの感触と、でっかい節が気に入っているらしい。
 
  他にもあるぞ、鬼グルミの洗面所・栓のリビング・栗の勉強部屋・・・
  でもやっぱりカラマツが一番のようだ。
 
  きっと彼女の「木」に関する記憶データには、
  「節・木目・香り・ゴツゴツとした感触・ぬくもり」が入力されているに違いない。
 
  先日のこと、学校で雨に降られたモルネは、友人から傘を借りて帰った。
 
  家内が玄関に開いて、一晩干して返した。
 
  すると友人に「あれ~この傘、木の匂いがする」と言われたそうな。
 
  住人はもう何も感じなくなってしまったが、
  玄関先に来客があると「木の匂いがしますね」とよく言われると家内が言っていた。
 
  そう言えばこんな事もあった。隣で建売住宅が売り出された時の事。
 
  「新築オープンハウス」のノボリを見つけて、
  家内とモルネは、鵜の目鷹の目で早速見に行ったのだ。
 
  程なく、不動産屋と長話に興じる家内を置いて、モルネが息を切らせて戻ってきた
  「おとうさん!大変だ、隣のうち合成樹脂で出来ている!!」
 
  う~ん名言。床もドアも壁も、みーんなツルツルでピカピカだったそうだ。
 
  「その方が安くて簡単に作れるんじゃない?」と回答してみたが納得いかない様子。
 
  「あのねー、もっと杉とか使わなきゃいけないんだよ」「えっ?」、
  「学校で習ったんだからねっ!」モルネはだんだん怒りだした。
 
  「間伐材とかってあるでしょう、アレ使わないと森がひどい事になってるんだからね。
 
  先生が言ってたよ」。偉い先生です。
 
  我々の頃とは違い、今では授業で間伐や森林再生が、
  きっちり採り上げられる時代になりました。
 
  「ウチはちゃんと使ってますよ、
  モルネが遊ぶ屋根裏部屋は、檜の間伐材で作った台形フロアだし、
  リビングに立ってる杉丸太も間伐材なんだよ」
  漸く納得して、カラマツの階段を踏みしめて引き上げていった。
 
  それにしても、子供の頃の記憶と言うのは、
  将来、家を創る段になって重要な要素になるのではないか。
 
  合成樹脂の家に育った子供の記憶には、一体何が残るのか・・・。
 
  モルネがずぅーと遠い将来、地球の男性と結ばれ、
  家を創る時には「木」の記憶データファイルを開けてみて欲しい。
 
  (木づかい.com)