12月21日 山口木材市
 
イメージ 1
 
    山口の今年最後の木材市に
    行ってきました。
 
    午後から始まり、普段からあまり
    多くの業者が集まらない市ですが、
    今日も10数社の参加でした。
 
    あいにくの雨でしたが
    傘を差し、いつものように
    外の材料から競りが始まりました。
 
イメージ 2
 
     椎と杉の盤木が競られましたが
     誰も買い手がなく、
     数百円まで下がってしまい、
     ちょうど工事現場の看板に
     適当なものを、と探していたので
     購入しました。
 
イメージ 3
 
     月の後半の市は、
     前半の残った材料が殆どですが
     新しく桧材がいくつか入っていました。
 
     柱材が新入荷で
     10数本の小さな山だったので
     購入しました。
 
     作業場で十分乾燥させて使います。
 
イメージ 4
 
     同じ桧材の4mの土台も入っていて
     7本だけの山でしたので
     これも購入することにしました。
 
イメージ 5     
   6mの通し柱も同様に買いました。
 
   こちらは14本ありました。
 
   構造材の競合は殆どありませんでした。
 
イメージ 6
 
     杉の垂木も安く競られました。
 
     1山50本、誰も競り落とさないようなので
     購入することにしました。
 
     化粧材としても、十分使えそうです。
 
イメージ 7
 
    今回、桧の構造材と同じように
    杉の化粧材が結構ありました。
 
    この山のうち、3mと4mの鴨居
    40本ほど購入しました。
 
    和室の鴨居の他
    建具用としても使います。
 
イメージ 8
 
    最後に購入したのは、野地板。
 
    九州で品薄の材料も
    山口では売れ行きはもう一つです。
 
    ただ、新しく入ってこない状況のようだったため
    現在建築中の新築現場で必要なので
    1山購入しました。
 
    今まで、数回に分けて購入してきましたので
    これで1棟分は揃いました。
 
    倉庫の中でも、競りは続きましたが
    今すぐに必要なものもなかったので
    これ以上は購入しませんでした。
 
    九州では活況を呈している住宅業界ですが
    山口ではまだまだ実感として感じないほど
    低迷しているようで、
    今回も売れ行きはさっぱりのようでした。