●高価な硬貨

  皆様のお財布には現在、何種類の硬貨が入っていますか。
 
  絵柄も色も大きさも違う硬貨ですが、
  500円や100円、50円の周りのギザギザは
  何故付けられているのかご存知でしょうか。
 
  偽造防止や、他の硬貨と区別するために付けられていますが、
  そもそもの理由は金貨が流通していた時代まで遡ります。
 
  その昔、アメリカで金貨がお金として使用されていたころ、
  周囲を不自然にならない程度に削り、
  少しずつ金を貯めるという犯罪が流行しました。
 
  その犯罪抑止のために、少しでも削ったら分かるように、
  周りに溝を入れたことが始まりだそうです。

  さて、私達が一般に硬貨や貨幣と呼んでいるものは、
  法律上では「臨時補助貨幣」と呼ばれ、
  文字通り臨時の補助的な貨幣です。
 
  では、正式な恒常的に主となる貨幣は何でしょうか。
 
  それは「金貨」です。
 
  日本では貨幣としての金貨は、昭和6年に金輸出が再禁止、
  兌換停止となり、昭和7年の1月を最後に製造が停止されています。
 
  それと同時にそれまで金貨と交換可能だった5円券が
  昭和18年製造のものから、日本銀行券となり、
  紙面からは兌換の文字が消え、日本は管理通貨制度へと移行しました。

  ちなみに昭和7年、一番最後に造られた金貨は20円金貨で、
  金の含有量は15グラムです。
 
  現在の金価格はグラム4000円あたりで推移しております。
 
  単純に計算しましても、20円金貨1枚が現在は60000円になります。
 
  しかし、昭和7年に発行された20円金貨は
  約20日間しか造られていないことや、市場に流通していないことから、
  プレミアが付くため、500~1000万円位の値が付くそうです。

  プレミア付きで売られている硬貨を調べたところ、
  昭和30年の1円アルミ貨が1300円、
  昭和32年の5円黄銅貨が900円、
  昭和35年の50円ニッケル貨が2800円、
  昭和62年の50円白銅貨(未使用)が13000円などとなっていました。
 
  もしかしたら希少価値のある硬貨をお持ちかもしれません。
 
  使う前にちょっとご覧になってみられてはいかがでしょうか。
 
  (あるる)