スマホ革命

  今月7日、電気通信事業者協会は10年度の携帯電話契約数を発表しました。
 
  それによると、新規契約から解約を差し引いた純増数で
  ソフトバンクが2年ぶりの首位に返り咲きましたが、
  その中心は米アップル社のスマートフォン・iPhoneの契約で、
  前年度の約2.8倍、353万2100件に達しています。
 
  また、ドコモやau、イー・モバイルを含めた携帯4社合計においても
  3年ぶりに純増数はプラスとなっており、
  こちらもスマートフォン人気によるところが大きいようです。

  そもそもスマートフォンは大きく2つに分けられます。
 
  スマートフォンの先駆けであるiPhoneと、Android端末の2種です。
 
  前者は専用ソフトiTunesが必須のため、パソコン接続が前提となりますが、
  クオリティの高いアプリが多いことが魅力となっています。
 
  また後者は、パソコン環境がなくても利用できる手軽さが特長です。
 
  カスタマイズ性に優れ、おサイフケータイやワンセグなど、
  従来の携帯電話の機能も備えていることが、iPhoneとの違いとなっています。

  現在、東日本で余震が続く中、要望が高まっているのが、
  大きな地震の発生をメールで通知する「緊急地震速報メール」です。
 
  サービスを先行するauに対して、ドコモ、ソフトバンクの対応は遅れています。
 
  しかし、スマートフォンでは既にアプリの開発が進んでいます。
 
  iPhoneでは、アールソリューションが提供する無料ソフト
  「ゆれくるコール for iPhone」をダウンロードすることで
  地震速報を通知することが可能となっています。
 
  Android向けでは「災害ナビ」や「なまず速報β」といったアプリが配信されており、
  スマートフォンが人気を集めている理由の一つなのかもしれません。

  米調査会社IDCによると、10年10-12月期のスマートフォンの
  世界出荷台数は1億90万台と前年同期比に比べ87%増となり、
  四半期ベースで初めてパソコンを上回りました。
 
  世界的にスマートフォン利用者は増えており、15年にはケータイの半分が
  スマートフォンになるという予測も出ているほどです。
 
  スマホ革命はまだまだ終わりそうにありません。
 
  (あるる)