4月27日 長府木材市 定例市
 
イメージ 1
 
4月後半の長府定例市に
行ってきました。
 
1時間ほど、遅れていくと
大雨が降っていて
市が中断していました。
 
イメージ 2
 
しばらく待っていると
雨が上がり
雑木のところから
再開されました。
 
イメージ 3
 
いつものケヤキの他に
今回は、ブナ、カエデ、タブといった
珍しい雑木が出ていました。
 
イメージ 4
 
その中で、誰も購入しなかったので
ブナの2mの板を
買うことにしました。
 
イメージ 5
 
大雨と前回が大型市だったせいか
集まった業者は
10社程度と少なく、
売れ行きも良くなかったので
昼前には市が終わりました。
 
前回、思い切って処分したものが多く
全体的には、値段は高めでした。
 
市の後で、
現在作成中の新築現場の桁が
数本必要だったため
長い間置かれ、乾燥していた
杉材を1山購入しました。
 
イメージ 6
 
自然乾燥した桁も
新しく出ていましたので
こちらからも1山
購入することにしました。
 
未乾燥のものに比べ
少し高かったのですが
これで構造材が全て揃いました。
 
イメージ 7
 
倉庫の中で、
現在建築中の現場で
天井材として使うため 
杉の羽目板を1山購入しました。
 
節のない大変良い板でした。
 
イメージ 8
 
こちらは、桧の羽目板。
 
安くするので購入して欲しいという
市の要請で購入することにしました。
 
相場の1/3程度の値段でした。
 
本来の競りでの購入ではありませんでしたが
価格を個別に交渉し
ほぼ希望通りの材料を
揃えることができました。