●ナデシコ

  女子サッカーW杯ドイツ大会で日本代表「なでしこジャパン」が悲願の
  初優勝を果たし、日本、そして世界に感動をもたらしてくれました。
 
  それを受けてミズノなど、なでしこジャパン関連株が買われるなど
  景気が刺激され、今後の経済効果は1兆円にものぼるといわれています。
 
  昨年行われたW杯南アフリカ大会は、関連収入だけで
  約80億ドル(約6320億円)にのぼったそうで、
  今回のなでしこジャパンの活躍が、景気刺激の一環となればと期待されています。

  そんな、なでしこジャパンの由来となった撫子は、6月~8月にかけて咲く花で、
  まさに今が旬の花です。
 
  ちなみに中国から平安時代に渡来した、唐撫子(からなでしこ)に対して、
  在来種を大和撫子(やまとなでしこ)と呼び、日本女性の美称によく使われます。
 
  撫子はその可憐な佇まいから「撫でるようにかわいい」ということで
  その名がつけられ、古くから貴族や歌人達に愛されていました。
 
  「万葉集」には多くの歌が残り、
  「枕草子」でも清少納言が撫子について触れています。

  その可憐な姿にばかり焦点が当てられ、いつしか「大和撫子」=
  「慎ましく、か弱く、優しい女性像」として出来上がってしまいました。
 
  戦時中、大和魂、大和民族、戦艦大和と、
  「大和」の名の下に戦意高揚を図ったことから
  「大和撫子」が広く使われるようになったという説もあり、
  この頃に前述したような「大和撫子」のイメージが
  定着してしまったのかもしれません。
 
  しかし、撫子の花は、可憐に見えて実は乾燥に強く逞しい花なのだそうです。
 
  「大和撫子」は見た目の儚げな美しさだけでなく、
  強い芯を持ち合わせ、いざという時にその強さを発揮できる力を
  持っている人を言うのではないでしょうか。

  撫子には「気高い、堂々とした」という花言葉があります。
 
  アメリカという世界トップの強敵を前に、
  なでしこジャパンの選手達が勝利を収めたのは、
  撫子のような強い芯があったからこそではないかと思います。
 
  選手達は「復興に立ち上がる人たちを見て力になった。
 
  その力で勝ち取れた優勝」と語っています。
 
  優しさと強さに溢れた撫子の力を、改めて気づかせてくれました。
 
  今の日本に、なでしこの色とりどりの可憐な強さは、
  無くてはならないものなのかもしれません。
 
  (あるる)