●みんなに優しい

  2012年、中国地方では2月中旬からスギ・ヒノキの花粉が
  飛散すると予測が出ています。
 
  飛散量は10年前に比べて2倍以上になっているそうで、
  ご自身や、周囲の方でも花粉症でお悩みの方は多いと思います。
 
  花粉に悩まされるスギやヒノキですが、美しい木目、肌触りの良さ、
  落ち着く香りは、家や家具作りにおいて欠かせない存在です。
 
  愛媛県は、ヒノキの生産量が全国1位、スギで10位という
  木材資源が豊富ですが、その愛媛県の会社がスギとヒノキを原料とした、
  nasow(なそう)という新しい素材を開発しました。

  その新素材は、スギとヒノキの間伐材の木くず50%、天然ゴム40%、
  アコヤ貝(真珠貝)の貝殻の粉末10%を混ぜて作られています。
 
  ゴムが入っているため、柔らかくて弾力性に富み、加工性に優れていて、
  滑り止め効果もあります。
 
  素材名と同じnasowという商品名で、トレーやコースター、ペンケース、
  ランチョンマット、ブックカバーとして発売されています。
 
  スギ・ヒノキには浄化作用があり、アコヤ貝殻粉末は抗菌作用があるため、
  安心して使用できる素材です。

  nasowには5種類の色がありますが、それぞれ天然素材を混ぜて
  着色しています。
 
  生成りはスギやヒノキそのものの色、黒は炭を、オレンジはみかんの皮、
  ブラウンはコーヒーかす、緑はお茶の茶殻を原料に加えています。
 
  天然素材は手に馴染みやすいため触り心地が良く、
  優しい色合いはインテリアとも調和しやすく、贈り物としても喜ばれています。
 
  そして何より、廃材を利用しているため、地球に優しい素材と言えます。
 
  nasowにはアコヤ貝の貝殻の粉末が入っていますが、
  真珠を採取した後のアコヤ貝は、一般廃棄物として処理され、
  再利用される貝殻は5%にも満たない状態です。
 
  一昨年、アコヤ貝の殺菌・抗菌効果を活かした“パールクリーンペイント”
  という住宅用塗料を「あるる」にて取り上げさせて頂きましたが、
  これもnasowを開発した会社によるものでした。
 
  また、アコヤ貝の光沢を生かしたマニキュアを発売するなど、
  新たな利用が検討されています。
 
  多くのモノが溢れる現代だからこそ、人と地球に優しいモノを
  選んで行きたいものです。
 
  (あるる)