1月20日  直方木材市 定例市
 
イメージ 1
入院中に行われた初市に行けなかった
直方木材市の1月2回目の市に行ってきました。
 
初市で売れたのか
外の材料はいつもより少ないようでした。
 
参加業者も、10名程度と
あまり活発な競にはなりませんでした。
 
イメージ 2
外に置かれた構造材は
結局買いたい物はなく
競りも早く進み、
午前中に倉庫の中の競りが
始まりました。
 
イメージ 3
倉庫内の加工品の売り尽くしという
案内が来ていましたが
案内通りにいつもより
時間をかけて競りが行われました。
 
イメージ 4
巾が1m近くある、桧の4mの盤木。
 
節も少なく、貴重な盤木でしたが
10万円程度まで下がったものの
買い手はありませんでした。
 
イメージ 5
屋久杉の床柱。
 
これも数十万円の値段で
売れ残りました。
 
イメージ 6
床板が並んでいました。
 
イメージ 7
松の50~60cmの
巾の床板が出ていて
安ければ購入したいと思いましたが
10万円を超える値段だったので
断念しました。
 
良品だったので
他の業者が、購入しました。
 
イメージ 8
巾広の和室の天井に使える
杉化粧板が6坪ほどの小売りがあり
和室1部屋分がこれで揃えられそうだったので
購入することにしました。
 
イメージ 9
桧の柱が1本安く処分され
これも買いました。
 
今回は、昨年末積み残した
材料を持って帰るのが
主な目的でしたので
この2点だけにしました。
 
自宅から100kmあり
頻繁には来られませんが、
山口ではあまり目にしない材料を探して
今年も何度か足を運びたいと思います。