●お金の家

  まだ寒い日が続きますが、暦の上では半月ほどで春を迎えます。
 
  春夏秋冬と言うように、春は一番目、スタートとなる季節です。
 
  皆様はこの春、何か新しく始められることはありますでしょうか。
 
  スタートに合わせ、春から持ち物を一新されることも多いかと思いますが、
  春は財布を購入すると縁起がいいと言われ、
  特設コーナーが設けられているデパートも多く見られます。

  春財布は縁起が良いというのは、「張る財布」と音が同じことに由来します。
 
  購入時期は冬至(12月21日頃)~雨水(2月18日頃)が良いという説と、
  立春(2月3日頃)~啓蟄(3月5日頃)が良いという説があるようです。
 
  また、使い始めるのは金運アップの日とされる寅の日がお勧めです。
 
  本日から3月までの寅の日を挙げますと、
  1月30日、2月11日・23日、3月6日・18日・30日となりますので
  ご参考ください。
 
  お財布のラッキーカラーはゴールド、イエロー、パープル、ピンクが
  良いそうですが、黒もお金を貯めこむ力があると言われています。
 
  ちなみに中身が綺麗に整理されていない、ボロボロになっている
  お財布などはお金に嫌われてしまうそうで、「お金の家」の財布ですから、
  やはりお金も綺麗な家を好むようです。

  日本で硬貨が流通していた頃は、硬貨の中央に空いていた穴に
  紐を通して持ち運びをしていました。
 
  江戸時代に藩札が発行されたことで、
  懐紙入れを応用して作られた財布が使われるようになりました。
 
  ちなみに文献上では備後福山藩が寛永7年(1630年)に
  発行した銀札が最初と言われています。
 
  財布は紙幣と共に約400年の歴史があり、今日に至ります。

  今年は辰年ですが、
  辰年は「リセット」や「新しいことが起こる年」という見方があるそうで、
  1868年の明治維新、1988年のバブル絶頂期始まりなども
  辰年の出来事です。
 
  必ずしも毎度大きな変化があるというわけではありませんが、
  今年は明治維新から12年周期が12回経過した年に当たります。
 
  世界的にも大統領選挙などイベントが多く、
  何らかの変化の年になるのは間違いなさそうです。
 
  この節目の年に、新しいお財布で験を担いでみられてはいかがでしょうか。
 
  春財布が、日本の懐を暖めてくれることを願います。
 
  (あるる)