森林資源を循環させるための伐採、利用、植林が必要

  高齢な木よりも若い木の方が成長が盛んなため、
  温室効果ガスのCO2をより多く吸収し、
  森林の資源としての世代交代は地球温暖化防止にもつながります。
 
  温暖化防止に向けた森林への期待は大きく、
  CO2をはじめとした日本の温室効果ガスの
  排出削減の3分2は森林が担っています。
 
  しかし、それに向けて何をすべきなのかが
  あまり理解されていないという現実もあります。
 
  伐採した木材は住宅や家具、日用品などに姿を変えても
  CO2は炭素の形で木材の中に固定され、
  大気中のCO2を減らすことになります。
 
  木材は言わば「炭素の缶詰め」です。
 
  伐採地に若い木を植えれば、資源の循環が始まると同時に
  温暖化防止にもつながります。
  森林資源を次世代に残すためには、資源を循環させることです。
 
  今の日本では、地球環境保全のためにも森林資源を循環させるため
  育成林(人工林)を適切に伐採、利用、植林することが必要なのです。