2月3日  冬の由布院 3.庄屋の館  そして帰途
 
イメージ 1
 
湯布院温泉 HOTEL 黎明を
チェックアウトした後
帰りの電車に乗るまで
由布院の街を散策することになり
川上にある「庄屋の館」まで
行ってみました。
 
景色を楽しみながら
ゆっくり雪道を
歩いていくことにしました。
 
イメージ 2
 
天気は良かったのですが、
まだまだ寒く、
入口に作られた池に注がれる
熱い源泉も寒さのため
表面が凍っていました。
 
イメージ 3
 
母屋の屋根の、
珍しい龍の棟瓦が
印象的でした。
 
イメージ 4
 
コバルトブルーの
広々とした露天風呂に浸かり
由布岳を眺めながら
十分温まりました。
 
イメージ 5
 
再び歩いて由布院駅まで
戻りましたが
前日、由布院に着いたとき、
積もっていた駅前の雪は
すっかり融けていました。
 
今回の旅行では、
「ゆふいんの森」「黎明」
由布院の街の中でも
あちこちから韓国語が聞こえてきました。
 
由布院が、日本だけでなく
韓国でも人気な観光地であることを
再認識した旅行となりました。
 
 
イメージ 6
 
大分経由で帰ることにし、
大分駅までは、普通列車に乗りました。
 
写真は、湯平駅。
 
「男はつらいよ」に出てきた
待合室がこのような形で
今も残されていました。
 
イメージ 7
 
大分駅からは、特急ソニックに
乗り換え、宇佐、行橋経由で
小倉に向いました。
 
海辺の景色を眺めながらの
帰途になりました。
 
こちらの方は、雪は全くありませんでした。
 
イメージ 8
 
小倉からは、高速バスで
宇部に帰りました。
 
雪は、少なくなっていましたが
前日の雪がまだ山の方では残っていました。
 
すっかり暗くなって帰宅。
 
福岡、由布院で過ごした2日間は
十分リフレッシュできました。