「はやぶさ」帰還カプセル特別展示in宇部
 
イメージ 1
 
 
  小惑星イトカワまでの30億㌔を7年かけて往復した
  小惑星探査機「はやぶさ」の帰還カプセル(実物)が、
  3月16日から20日までの5日間、
  宇部市のときわ湖水ホールで展示されます。
 
  市制施行90周年記念事業(公募)の一つで、
  夢宇宙実行委員会(木村幸子委員長)、
  宇部天文同好会(久幸美雄会長)主催、市PTA連合会共催。
 
  はやぶさは2003年5月に打ち上げられ、05年夏にイトカワに到着すると、
  周回しながらさまざまな観測を行い、着陸に成功。
 
  その後、燃料漏れやエンジン停止、音信不通などのトラブルを克服し、
  10年6月にカプセルを投下。
 
  小惑星のサンプルリターンというミッションを成し遂げた。
 
  特別展示では、帰還カプセル、
  カプセルを地球に投下する際に使われたパラシュート、
  搭載電子機器部、背面ヒートシールド(いずれも実物)、
  付属品、模型など7点を公開し、DVDも上映されます。
 
  (宇部日報の記事より)
 
  宇部市PTA連合会の事務局長をしている妻が
  今、一生懸命取り組んでいます。