3月28日  長府木材市 定例市
 
イメージ 1
 
3月最後の木材市
長府の定例市に行って来ました。
 
参加者は、10名程度と
今年になって一番少ない人数でした。
 
イメージ 2
皆が集まって見ていたのは
スギ、ヒノキの化粧板。
 
無節の板でしたが
買い手が無く、
全てを数千円で落札しました。
 
イメージ 3
 
一通り、構造材の競りが終わった後
雑木の競りが行われました。
イメージ 4
 
スギやケヤキの短い盤など
いろいろ出ていましたが
これは買い手がありませんでした。
 
イメージ 5
 
珍しかったのは、
この霧島杉の盤木。
 
4枚で数万円と
安くなりましたが、
節も多く使い勝手が良くないのか
これも売れ残りました。
 
イメージ 6
倉庫の中では、
この杉丸太が安くなり
これも買い手がなかったので
1本数千円で
競り落とすことができました。
 
イメージ 7
 
また、このようなチークの
原木が出ていました。
 
さすがに重く、
加工も大変そうだったので
誰も買う者はいませんでした。
 
人数も少なく、
競りも低調で寂しい市でした。
 
イメージ 8
 
春休みで、妻と孫も
一緒に行って、
於福の道の駅に
寄って帰りました。
 
イメージ 9
大好きな温泉に入り
満足な様子の孫でした。