●表示より暗いLED電球
 
  こんな、記事が載っていました。
 
  消費者庁は14日、LED(発光ダイオード)電球の明るさが表示より
  不足していたとして、販売した12社に対し、
  景品表示法に基づき再発防止を求める措置命令を出した。

  消費者庁によると、パッケージに「白熱電球60ワット相当の明るさ」
  などと記しながら、光の総量が表示の約31~87%しかなかった。
 
  LED電球は下向きに照らすため、天井埋め込み式で表示通りの明るさを
  感じることがあるが、部屋全体を照らす際は暗くなるという。

  12社はアガスタ、オーム電機、グリーンハウス、恵安、光波、
  セントレードM.E.、タキオン、リーダーメディアテクノ(以上東京都)、
  エコリカ、コーナン商事(大阪府)、エディオン(広島市)、
  スリー・アールシステム(福岡市)。
 
  各社は既に、用途に応じた光量を表示するなど改善したという。

  全国の消費生活センターには「LED電球に換えたら暗くなった」
  という相談が過去2年間で25件寄せられた。
 
  (毎日新聞)
 
  消費者庁によりますと、12社は自社の商品のパッケージやホームページなどに   「白熱電球の40ワット形と60ワット形相当の明るさ」などと表示していましたが、
  JIS規格が定める明るさの単位「ルーメン」で比較すると、
  30.9%から86.6%にとどまっていたということです。
  
  このため、消費者庁は、消費者に誤解を与える不当表示だとして、
  景品表示法に基づいて14日、12社に対し表示をやめるよう命令しました。
  
  これに対して、販売業者側は「部屋全体ではなく、
  手元の明るさであれば表示した白熱電球と同じなので、
  問題ないと思った」などと話しているということです。
  
  LED電球は、白熱電球に比べて消費電力が大幅に低く、長持ちするため、
  節電対策でも注目を集めていますが、
  消費者庁は、LED電球を選ぶ際は「ルーメン」を基準にするよう
  注意を呼びかけています。
 
  (NHKニュース)
 
  我が家も、記事と同じ会社のLED電球に殆ど、取り替えたので、
  少しショッキングなニュースでした。