6月24日  地方部大会(衛星放送)
 
2012年後期の地方部大会が
6月23,24日の2日間に行われ
24日の一般大会は、
全国統一の衛星放送での集会となりました。
 
中央初等協会会長ウイークソン姉妹は、
模範、行いを通してイエスキリストの事を
子供たちに意識的に教えることと、
子供とともに祈ることが重要ですと言われました。
 
また、七十人第一定員会、崔長老は、
職場、家庭、教会において、
互いに愛し合いなさいという言葉が
印象的でした。
 
十二使徒定員会、ダリン・H・オークス長老は、
聖霊の影響を受けるには
聖餐をとり、罪の赦しを受け清くなる必要があると
説かれました。
 
最後の話者、
ウークトドルフ管長は伝道に出るという
目標を持つように言われました。
そして、最後に福音に改心する方法について
話され、以下の提案をされました。

1、現在有効な神殿推薦状を持つ
2、毎日、聖典やリアホナなどから神の言葉を学ぶ
3、毎日、祈る
 
新しい話は、ありませんでしたが
今まで言われ続けてきたことを
一つ一つ行っていくことの大切さを
再確認した大会だったと思います。