●食のオリンピック

  4年に1度のスポーツの祭典、ロンドンオリンピックが
  先月の27日に開幕しました。
 
  日本の金メダルラッシュに期待したいところですが、
  皆様は食のオリンピックと言われる「モンドセレクション」をご存知でしょうか。
 
  日本においては、07年にサントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」のCMにて、
  「特別金賞を3年連続受賞」と宣伝されたことから
  広く認知されるようになったようです。
 
  しかし、名前は知っていても、どんな賞なのか
  ご存知でない方も多いのではないでしょうか。

  モンドセレクションとは、世界各地にある優れた製品を
  発掘・顕彰することを目的に、
  独立系国際機関としてベルギー政府の主導により
  1961年にブリュッセルに設立された国際的な品評機関です。
 
  数ある優秀品評機関において、
  世界で最も歴史のある代表的機構とされています。
 
  食のオリンピックと言われてはおりますが、順位を競うものではなく、
  原則審査料を払ってエントリーしたものに対して
  審査が行われるようになっています。
 
  あくまでも品質向上を目的としているため、
  一定基準をクリアすることでいくつでも受賞できることが特徴の一つです。

  審査は出品者からモンドセレクション本部に送付された商品に対し、
  専門家や評論家などが行います。
 
  審査基準の詳細は非公表ですが、
  味覚、衛生、パッケージに記載されている成分の正しさ、
  原材料等の各項目の点数を加算し、総合得点によってジャンルごとに
  最高金賞、金賞、銀賞、銅賞が授与されるようです。
 
  モンドセレクション優秀品質ラベルのロゴは世界的に認知度が高く、
  その高品質を評価・表彰した商品であることを認定するものなので、
  消費者へのアピールにつながり、売り上げ向上が期待できるのです。

  受賞商品の中にはサントリーのような大手企業もありますが、
  地方企業が大半を占めているようです。
 
  広島県では、ますやみその「見返り美人」が
  モンドセレクション2012の最高金賞を受賞しています。
 
  受賞後は「不景気で活気がない地元が盛り上がった」
  という受賞メーカーも目立ち、世界レベルの評価を受けられる
  モンドセレクションは地方メーカーの救世主ともいえそうです。
 
  是非この機会に、食の金メダルにもご注目頂ければと思います。
 
  (あるる)