8月23日  山口木材市 定例市
 
イメージ 1
 
山口木材市の8月後半、
定例市が開かれ、
行ってきました。
 
10数名の参加と、
山口の市としては、
あまり多くありませんでした。
 
イメージ 2
 
いつものように
午後からは倉庫の中の
競りがありましたが
低調だったようです。
 
イメージ 4
 
盆明けの処分品も
結構あり、
この杉の間柱も
安く処分されたので
1山購入しました。
 
イメージ 5
 
売れ残りの桧の柱材も
わずか5本でしたが
安く買うことができました。
 
イメージ 6
 
こんな杉の端材が出ていました。
 
これも安かったので
購入しました。
 
作業場で、加工して使います。
 
イメージ 7
 
 
2mの杉鴨居材。
 
買い手がなく、
安く競り落としました。
 
イメージ 8
 
4mの杉材もありました。
 
2山、買いました。
 
イメージ 9
 
ケヤキの盤木(木端)。
 
これは、買い手は
ありませんでした。
 
イメージ 10
 
こちらは、楠。
 
最近は、珍しくないのか
これも売れ残りました。
 
イメージ 11
 
倉庫の中では、
フローリングの残りが
バラで出ていました。
 
1人の業者が
安く購入しました。
 
こんな、処分品が
いろいろありましたが、
買い手の希望者が多く
競り落とせませんでした。
 
イメージ 3
 
倉庫の中で購入したのは、
左から、桧のフローリング(3坪)、
杉の羽目板(9坪)、
ホワイトウッドの羽目板(17坪)。
 
これも売れ残りの材料で
安くなりました。
 
最近続いているリフォーム工事で
必要な材料を
今回の市である程度、
揃えることができました。