こんな記事が載っていました。
 
  家康のせい? 畳のサイズ、東に行くほど小さい理由
 
 ■江戸間より小さい「団地間」
 
  まず飛び込んだのは京都の畳店「畳三 中村三次郎商店」。
  店主で「文化財畳保存会」(京都市)の会長を務める
  中村勇三さん(83)によると
 
  「関西で多い『京間』、静岡以東に多い『江戸間』のほか、
  愛知に『中京間』などがあります。
  東に向かうほど小さくなります」。
 
  他に高度成長期の住宅需要を支えた公団住宅で
  採用された独自規格「団地間」もあり、
  江戸間よりさらに小さいという。
 
  畳は平安時代から座具や寝具として重宝されてきた。
  最初は板の間の一部に敷く「置き畳」で、
  貴族の位によって、大きさや厚さが異なったという。
 
  畳を部屋中に敷き詰めるようになったのは
  書院造りの建築が普及した鎌倉時代以降。
  6尺3寸(191センチ)×3尺1寸5分(95.5センチ)の京間が現れた。
 
 ■家康の検地が下敷き?
 
  では江戸間の由来は? 
  「江戸に幕府を開いた徳川家康が検地の際、
  より多く年貢米を取り立てるため、
  1間(けん)の長さを豊臣秀吉の時代より短くしたため
  と聞いたことがあります」と中村さん。
 
  徴税の単位となる1坪は1間四方で、
  「1間は畳の長辺にほぼ相当します」。
  1間の長さは明治期に尺貫法で6尺で統一されたが、
  それまで「地域や時代によって為政者の政策が反映され、
  ばらばらでした」と全国畳産業振興会(京都市)の
  神辺●(金へんに榮)一会長(76)が教えてくれた。
 
  秀吉による太閤検地までは1間=6尺5寸だったが、
  秀吉はそれを縮めて6尺3寸で検地し、
  江戸幕府はさらに6尺に縮めた。
  このため、地域ごとに畳のサイズに違いが生じたのだという。
 
 
 ■建築方法の違いが理由?
  
  一方、「住宅の建築方法の違いが畳の違いを生んだ」との説もある。
  関西では畳に合わせて柱を立てる「畳割り」という方法が一般的だ。
  それに対し、短期間で人口が増えて
  住宅への需要が急増した江戸では効率化のため、
  柱の中心と中心の間隔を1間(6尺)とする「柱割り」が主流になり、
  このため江戸間の畳は柱の太さの分だけ1間より小さくなったのだという。
 
  東京の畳店「湊屋 加藤畳店」14代目、加藤丈幸さん(48)は
  「住宅ごとに部屋の広さを測り、微妙なサイズを調節するのが江戸間です。
  『京間は大工の腕の見せどころ、江戸間は畳屋の腕の見せどころ』
  と父から厳しく仕込まれました」と話す。
 
  ハウスメーカーはどう対応しているのか。
  大和ハウス工業に尋ねると
  「要望がない限り、尺貫法に従って江戸間を採用しています。
  大手メーカーはおおむね同じでは」とのことだった。
 
 ■茶道は京間があってこそ
 
  畳の需要は20年前の3~4割に激減している。
  「掃除しやすいフローリングの人気に押され、
  住宅から和室が消えつつあります」
  (全国畳産業振興会)といい、業界の危機感は強い。
 
  それでも「京間の畳は絶対に無くなりません」と言い切るのは、
  茶室の畳を手掛ける「嵯峨 藤本畳店」の藤本正さん(61)。
  裏千家では「畳半畳を2歩で歩く」のが原則で、
  座る位置や茶器の置き場所などの作法が細かく決められ、
  京間の畳でないと茶はたてられないという。
 
  「昔は畳1枚と1日2合のコメがあれば生きていけるといわれた。
  大人1人がごろんと寝転べる京間こそ畳の本流です」。
  中村さんはこう強調する。
 
  畳が文化や時代背景抜きに語れないことがよく分かった。
  さあ畳にごろんと寝転がり、一眠りするか。
 
  (大阪社会部 榎本行浩)
  [日本経済新聞大阪夕刊いまドキ関西2012年10月17日付]