●つながる時代へ

  先月末よりiPhone5が発売され話題を集めています。
 
  従来のものより軽量で薄型になっていますが、
  高画質なカメラ機能が付き、大容量の電池を搭載しているため
  バッテリー寿命は伸びています。
 
  そんなiPhone人気を追い風に、
  ソフトバンクは契約数を伸ばしていますが、
  他社に比べて“通信が切れやすい”といった苦情も多いようです。
 
  そこで、ソフトバンクは電波状況の改善を目的に、
  プラチナバンドの提供を開始しました。

  今夏ニュースでも大きく取り上げられていたプラチナバンドですが、
  これは電波の質が良い周波数帯(700~900MHz)のことです。
 
  電波が遠くまで届きやすく、障害物などを回り込んで伝わる性質を持ちます。
 
  もちろん、その最大のメリットは、これまで電波の途切れやすかった
  屋内やビルの陰、地下の入口や山間部などへも電波が届きやすくなり、
  「つながらない」局面が減ることです。
 
  すでにNTTドコモやKDDIは800MHz帯が割り当てられていましたが、
  今年の2月にソフトバンクにも電波利用免許が下りたため、
  7月から開始されたのです。

  しかし、電波の改善を実感したという声はあまり聞こえてきません。
 
  それは、基地局や設備配置などの整備が必要であるため、
  まだ一部の地域のみの利用となっているためです。
 
  ソフトバンクが発表したスケジュールによれば、
  2012年度中に約1万6000局、
  2016年度中には約4万1000局となり、
  人口カバー率(地上波がカバーできる範囲の広さ)を
  99.9%にすると計画しています。
 
  順次サービスの提供範囲は広がり、
  数年後には他社と同様の電波品質になるようです。

  対応端末であればプラチナバンドのエリア内に入ると
  自動的に電波を掴むため、ユーザー側の設定や契約は必要ありません。
 
  ソフトバンクは“接続できれば早い”といった評価を受けていたため、
  プラチナバンドの普及により、ユーザーの満足度は
  上がっていくのではないでしょうか。
 
  NTTドコモやKDDI同様、ソフトバンクがどこにいても
  つながる時代はもうすぐそこまで来ているようです。
 
  (あるる)