JR日向市駅(宮崎県)

 
  日向市駅の駅舎は、地元産の木材(スギ材)をふんだんに使い、
   建築家や鉄道関係者、市民などが協力しながら、
  10年以上の歳月をかけて完成しました。
 
  集成材等の木材加工技術を駆使し、
  構内の隅々まで木質内装のデザインが施されている高架駅。
 
  現代風の「木の駅」です。
  鉄道デザインの国際デザインコンペティション
  「第10回ブルネル賞」で、建築部門の最優秀賞を受賞、
  また、日本の優れた建築物に授与される第50回BCS賞を受賞しています。
 
  (木づかい友の会通信)